資産

日本初上陸!!Revolut(レボリュート)とは?英Fintech企業の”海外送金”革命

海外送金には高い手数料がかかりますが「海外送金が”無料”のサービスが日本に来るらしい」ウワサを聞きつけ、英フィンテック企業「Revolut(レボリュート)」の口座開設を申し込みました。この記事でははRevolutの魅力と注意点について解説します。
Firstrade

Firstrade証券のデメリットとは?愛用者が不満をチクる!

結論、現時点では、僕たち一般庶民が開設できる米国証券口座はFirstradeしかないのですが、いざ使ってみると人によっては致命的だと感じる欠点が見つかりました。今回の記事では、口座開設をご検討中の方に向けて、現在進行系の愛用者が感じる不満・デメリットをお伝えしたいと思います。
米国ETF

クリーンエネルギーETF比較【ICLN/PBW/QCLN/ACES/PBD】おすすめ米国ETF

来年のオリンピック開催も危ぶまれ、ステイホーム中のオリンピック選手たちもこぞってeスポーツの配信をはじめたアフターコロナの世界では、ゲーム市場がプロスポーツ市場のシェアをごっそり奪い取る可能性を秘めています。そこで「ゲーム&eスポーツ」関連ETFを探して深堀りして紹介したいと思います。
TransferWise

2020|トランスファーワイズ「マルチカレンシー口座」の使い方

前回の記事で「トランスファーワイズのマルチカレンシー口座」についてご紹介させて頂きましたが、今回、実際の使い方を少額チャージで試してみました。
TransferWise

日本提供開始!トランスファーワイズのマルチカレンシー口座

日本未対応のはずのトランスファーワイズの「マルチカレンシー口座」が、しれっと使えるようになっていました。マルチカレンシーは「多通貨」という意味で、特にヨーロッパ居住者の間で重宝されているそうです。今回は、謎が多き「マルチカレンシー口座」の詳細をご紹介します。
米国ETF

遺伝子ETF比較【ARKG/PBE/IDNA/GNOM】おすすめ米国ETF

世界中で新型コロナウイルスのワクチン開発が進む一方で、通常のワクチンよりも低コストでスピーディーに量産可能なDNAワクチンにも注目が集まっています。遺伝子関連会社の個別株は、1日で数十%の値動きがある非常にリスクの高い業種なので、ETFでの分散保有が安全です。
TransferWise

図解|中学生でも分かるトランスファーワイズの仕組み【交換こ】

トランスファーワイズの仕組みは単純で、世界各国に「貯金箱」を用意し、各国の「貯金箱」のお金を"交換こ"する事で、海外送金をせずに海外でお金を受け取る事ができます。1社の作業で完結しますし、ムダな手数料はかかりません。
米国ETF

フィンテック関連ETF比較【FINX/ARKF/IPAY】おすすめ米国ETF

古参企業の権力の強い金融業界をぶっ壊すフィンテック企業の今後の大躍進に期待し「フィンテック関連株」への投資をすべく米国の3つのETFを比較検討してみます。
米国ETF

クラウド関連ETF比較【SKYY/CLOU/WCLD】おすすめ米国ETF

コロナ第2波、第3波を受けて、あらゆるサービスのオンライン化の流れが加速する可能性があり「クラウド関連株」への投資をすべく米国の3つのETFを比較検討してみます。
米国ETF

ゲーム&eスポーツETF比較【ESPO/HERO/BETZ/BJK/NERD】おすすめ米国ETF

来年のオリンピック開催も危ぶまれ、ステイホーム中のオリンピック選手たちもこぞってeスポーツの配信をはじめたアフターコロナの世界では、ゲーム市場がプロスポーツ市場のシェアをごっそり奪い取る可能性を秘めています。そこで「ゲーム&eスポーツ」関連ETFを探して深堀りして紹介したいと思います。
タイトルとURLをコピーしました