MM2Hビザ

MM2HビザMM2Hビザ

マレーシア「MM2H」ビザのメリット・デメリット、ビザ取得エージェントや申請に必要な書類の作成方法などに関する記事をまとめました。

MM2Hビザ

新発見!!マレーシア長期滞在ビザ「S-MM2Hビザ」とは?MM2Hと比較してみた

S-MM2Hとは、マレーシア・サラワク州(ボルネオ島北部)が独自に発行する長期滞在ビザ。MM2Hの新規発行が停止を好機と見て、サラワク州がここぞとばかりに条件を見直し、新「S-MM2H」の利用者を絶賛募集中です!
MM2Hビザ

コロナ後|MM2Hビザが絶望的…フィリピン移住を検討してみる

現在、私達家族はマレーシア移住を目指しているのですが、MM2Hビザは、7月現在新規申請は停止中となっています。2020年7月以降、MM2H審査担当が変更されたことで、承認率は1割未満になってしまったようです。ビザの取得が絶望的すぎるので、代替案としてフィリピ二重を検討してみました。
MM2Hビザ

2020|海外送金 手数料比較|マレーシアリンギット編 【BEST10】

現在、私達家族はマレーシア移住を目指し、MM2Hビザの取得を進めており、本申請ではマレーシアに30万リンギットを海外送金する必要があります。マレーシアリンギット送金に対応した10社を資金移動者のリストからピックアップし、送金手数料を比較してみました。
MM2Hビザ

MM2Hの必要書類をスムーズに用意する手順【フリーランスは注意!】

MM2H公式サイトによると、申請には15種類の書類が必要とされていますが、代理店さんにお願いすることで、日本から手配する書類は9つだけ用意しました。今回は、僕が日本から「代理店さんに提出したMM2Hの必要書類」をスムーズに取得する方法をご紹介します。
MM2Hビザ

海外移住ビザ費用調達の秘策【MM2H】残高証明1,350万円分

本日は、海外移住の費用をどうやって捻出しようかとお悩みの方に、私が実践した秘策をお伝えしたいと思います。「そんなバカげた方法かよ!」と思うかもしれませんが、意外とその発想がない方も多いので、体験談をシェアさせて頂きます。
MM2Hビザ

家族の海外移住にオススメのビザ3選【MM2H/SRRV/タイランドエリート】

海外移住には必要なものが色々ありますが、その中でも重要なのが「ビザ」です。しかし、日本のパスポートは世界最強で観光レベルだとほとんどの国がビザなしで行けてしまうため、ビザについての知識があまりないため、改めてビザの基本について学んでみました。
MM2Hビザ

抑えておきたい「MM2H」取得時の最大のデメリット【定期預金】

"うまい話には、裏がある"というように、MM2Hにもデメリットがあります。結論、最大のデメリットは「定期預金」を作らなければならないことです。なお、この定期預金は、MM2Hビザの利用を終了するまで解約できません。
MM2Hビザ

【お宝級】マレーシア MM2Hビザ とは?知らなきゃ損するお得なビザ

どこかしらで「MM2H」という言葉を聞きつけ、早速検索した好奇心旺盛なあなたに、その魅力をとくとお伝えします。この続きを読むと「MM2H」の魅力に取り憑かれてしまいますので、日本を離れたくない方は、ここから先は読まずにページをそっと閉じてください。
MM2Hビザ

2020|MM2Hビザ申請-日本語対応エージェント(代理店)まとめ

MM2Hの申請を自力で申請している方もいるようですが、下手に申請を出して却下されてしまうと、その後の申請が通りにくくなるケースもあるようですので、危険です。MM2H登録エージェントリスト286社(2020年1月現在)を全て調査し、トップページが日本語対応のサイトを探してみました。
MM2Hビザ

MM2Hの収入証明・個人事業主やフリーランスはどうやって証明する?

MM2Hビザ申請の条件の最重要項目に「月額1万リンギット(約30万円)の収入証明」というものがありますが、個人事業主(フリーランス)には、給与というものがないため、どのように証明するのかをMM2Hビザ申請の代理店さんに質問してみた所…。
タイトルとURLをコピーしました