S-MM2Hビザ

S-MM2Hビザ

S-MM2Hビザで脚光!サラワク州都クチンv.s.クアラルンプール比較【猫の街】

50歳未満が「S-MM2H」ビザを利用するためには、サラワク州への居住する必要があります。しかし、サラワク州都クチンの情報が全然ない。。。そこで、ネットの情報(英語圏含めて)をかき集めて、クチンとクアラルンプールを各種データで比較しました。
S-MM2Hビザ

サラワク州のインターナショナルスクールまとめ【S-MM2Hでマレーシア移住】

しかしながら、50歳未満が「S-MM2H」ビザを取得するための最大の課題は「サワラク州でのこどもの進学や療養」が必要ということです。そこで今回の記事では、「S-MM2H」の検討を具体的にすすめるために、サラワク州のインターナショナルスクールについて調査し、まとめてみたいと思います。
MM2Hビザ

新発見!!マレーシア長期滞在ビザ「S-MM2Hビザ」とは?MM2Hと比較してみた

S-MM2Hとは、マレーシア・サラワク州(ボルネオ島北部)が独自に発行する長期滞在ビザ。MM2Hの新規発行が停止を好機と見て、サラワク州がここぞとばかりに条件を見直し、新「S-MM2H」の利用者を絶賛募集中です!
タイトルとURLをコピーしました