GoogleHomeで子供とネイティブ英会話|Level1- 数字を覚えよう

GoogleHomeで子供とネイティブ英会話|Level1- 数字を覚えよう 教育

こんにちは。ノマド家族のぱぱぞん(@nomadkazoku)です。

現在、私達家族はマレーシア移住を目指し、MM2Hビザの取得を進めております。

子供達は現地で英語を覚えれば良いかなと考えていましたが、コロナで出発が遅れそうなので、日本にいる間に少しでも英語を覚えないとなと考えるようになりました。

日本人が英語の習得が難しい理由の一つが「英語を使う機会がない」という事です。

そこですかさずGoogleHomeを購入し、言語を英語に設定することで、我が家に英語ネイティブスピーカーを連れ込みました。

GoogleHomeは色々な機能を搭載していますが、第1段階として数字に関する英語に絞り、日常的に使用頻度の高いフレーズを家族みんなで覚えたいとおもいます。

GoogleHomeで子供とネイティブ英会話|Level1- 数字を覚えよう

GoogleHomeには、100以上の音声コマンドがありますが、その中から小学生でも毎日使えそうな数字に関する5フレーズをピックアップしてみました。

英語で数字を覚えるための5フレーズ(カタカナ表記付)

No.日本語英語カタカナ英語
1今何時?what’s the time?ウォッツ ザー タイム
2タイマーを
◯分にセットして
set a timer
for 10 minutes
セット アー タイマー
フォー テン ミニッツ
3音量を◯%にしてvolume to 30 %ボリューム ター
サーティー パセント
4◯ ✕ ◯ (かけ算)2 times 3トゥー タイムズ スリー
5サイコロを投げてRoll a dieロール アー ダイ

※なおカタカナ英語はこちらで英語を変換しました。

1,2は、時間に関するフレーズで最も重宝します。この2つだけでも基本敵な時間の表現は学べそうです。

3は、とっさの対応が必要な音量調整フレーズ。聞いた感じ50%以上を使うことはなさそうですが、基本的な数字の変化を覚えてもらうのには最適です。

4のかけ算は、四則演算の中でも2桁以上のかけ算は最も重宝します。
フレーズは簡単ですが、聞き取りが難しいので、数字リスニングの訓練に最適です。

5の「サイコロ投げて」は、家族でじゃんけん代わりに使うと、遊び感覚で使用頻度も増やせそうです。

英語の数字(カタカナ表記付)

1ワン11エレブン30サーティー
2トゥー12トウェルブ40フォーティー
3スリー13サーティー50フィフティー
4フォー14フォーティー60シクスティー
5ファイブ15フィフティー70セブティー
6シクス16シクスティー80エーティー
7セブン17セブンティー90ナイティー
8エート18エーティー100ワン ハンドルド
9ナイン19ナインティー110ワン ハンドルド テン
10テン20トウェンティー200トゥー ハンドルド

時間に関する英単語(カタカナ表記付)

No.日本語英語カタカナ
1午前a.m.アー エム
2午後p.m.ピー エム
3◯秒secondsセコンズ
4◯分minutesミニッツ
5◯時間hoursアワーズ

まとめ 英語環境を家の中に作る

今回は、GoogleHomeでお家の中に本格的なネイティブ英会話環境を作ってみました。

衝動買いで購入したので、作戦通りうまくいくかはわかりませんが、今できることを子供達と楽しみながら、チャレンジしていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました