ネットで評判TransferWise(トランスファーワイズ)とは?海外送金が”安い・簡単・早い”で断然オススメ!

安い海外送金TransferWise

マレーシア移住の準備のため、毎月せっせこ海外送金を繰り返すノマド家族の資産管理担当のぱぱぞん(@nomadkazoku)です。

日本の銀行や証券口座は、海外移住すると「ほぼ凍結される」という事実に衝撃を受け、居住地に関係なく資産を保有できるアメリカの口座を作りました。

口座を作ったのは良いものの「海外送金の手数料って、高そうだな〜」と思い、調査した所、割とサクッと評判の良いサービスが見つかりました。

その名も「TransferWise(トランスファーワイズ)」

https://prf.hn/click/camref:1101l8LGA

年商一億円ブロガーのマナブさんもオススメしています😁

ネットで評判TransferWiseとは?海外送金が”安い・簡単・早い”で断然オススメ!

ネットで評判TransferWiseとは?海外送金が"安い・簡単・早い"で断然オススメ!

トランスファーワイズがおすすめな理由について、
以下の内容に沿って、1段落あたり140文字以内でサクッと解説します。

TransferWise(トランスファーワイズ)とは?なぜ安い?

ずばり、安さの秘訣は「海外送金しない」こと。

(ユーザー)日本口座 → 日本口座(TransferWise)
(ユーザー)米国口座 ← 米国口座(TransferWise)

送金国と受取国、2ヶ国で“国内送金”することで、海を渡る送金コストを削減しています。

詳しい解説は、公式動画をご覧ください。

Transferwiseのしくみ

意外と大事な”スピード&簡単さ”

銀行で海外送金をする場合

  1. 窓口まで行く
  2. 必要書類の提出
  3. 依頼書の記入

など煩雑なアナログ作業がてんこ盛り

トランスファーワイズなら、アプリやウェブ上で一度手続きをすれば、スマホ操作だけで簡単に海外送金することができます。

また送金にかかる時間も、数時間〜2営業日とスピーディーです。

コスパ検証!50万円を送金した場合

実際に50万円を米国口座に送金した場合の受取額は、以下の通りです。

トランスファーワイズ 送金検証
送金画面から他社比較が見られます!強気ですね〜

トランスファーワイズの手数料は4,142円と手数料こそ6番手で高めに見えますが、為替レートが好条件のため、最終的な受取額が最大化されています。

裏技ツールで更にお得に!

トランスファーワイズの便利なツール「為替レートアラート(英語のみ)」機能。

  1. 1日1回、指定の為替レートをメールで通知
  2. 為替レートが指定した数値を越えるとメールで通知

送金を急ぐ必要がない場合は、②の通知を使い希望の為替レートを待って、お得に海外送金をすることができます。

TransferWise(トランスファーワイズ)のデメリット

トランスファーワイズの送金上限は100万円

100万円超の金額を送金する場合、
複数回に分割する必要があり、また、手数料も割高になってしまいます。

もし高額送金をする場合、別途、外貨送金用口座やFX口座などを組み合わせて、送金システムを構築するとお得になりそうです。

が、高額送金をお得にするためにはそれなりの条件も必要そうです。
例)預け入れ金1,000万円以上 等

まとめ

ネットで評判!海外送金は"安い・簡単・早い"トランスファーワイズが断然オススメ!

高額送金が弱点のトランスファーワイズですが、僕の場合は、為替変動リスク分散の目的があるので、少額を期間分散して送金しようと考えています。

それぞれの目的によりますが、海外送金初心者には、”安い・簡単・早い”トランスファーワイズが断然オススメです!

海外送金のシュミレーションもできるので、ぜひ一度試してみてください!

\この見積もり機能がステキ!/

関連|TransferWiseの口座開設方法

トランスファーワイズの具体的な口座開設方法を画像つきで解説しました。

関連|TransferWiseの主要16通貨の海外送金手数料(率)まとめ

トランスファーワイズの具体的な通貨別手数料(率)についてまとめてみました。

タイトルとURLをコピーしました