▶ビットコイン自動積立プログラム「note」で販売中!
【PR開示】当ブログの記事には、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。 詳しくは利用規約をご覧ください。

IGCSEだけじゃない!! 国際認定試験の選択肢を比較してみよう【国際バカロレア(IB)/AP/SAT/ACT】

IGCSEだけじゃない!! 国際認定試験の選択肢を比較してみよう【国際バカロレア(IB)/AP/SAT/ACT】 インター校
この記事は約6分で読めます。

こんにちは。ぱぱぞん(@nomadkazoku)です。

2005年に英語が苦手すぎて中国語留学(内モンゴル)で知り合ったぼくたち夫婦が「結局英語のほうが使うよね〜」と子ども達を連れて、2023年4月よりマレーシアで教育移住生活をスタートさせました。

関連記事
>> CAT4とは?海外インターナショナルスクール入学の秘訣を解き明かす!
>> 年69ドルのCAT4テスト対策用オンライン模試|”テストプレップ”の使い方
>> IXL.comでオンラインで米国留学!?英語でネイティブ4科目を学べる学習サイト

我が家では、海外暮らしに重点を置き、学校への興味はあまり高くなかったので、利便性優先で通う学校を選んだのですが、、、やはり実際に通ってみると中学生の長女の方は色々と意見があるようで、初学期から早速の転校を検討中です。。。

学校選びの中で頻出するワード「IGCSE」

要は「国際的に認められた高卒認定資格」みたいなものらしいのですが、よくわからないので同様の資格について、片っぱしからまとめて調べてみることにしました。

この記事では「IGCSE」を始めとした、世界的に認知されている様々な試験を比較しながら、国際的な資格の世界を解明してみたいと思います。

国際認定試験の重要性を理解する

急速にグローバル化する今日の世界で国際認定試験は、学生の将来を形成する上で極めて重要な役割を果たします。これらの試験は、学生の能力を証明するものであり、進学への準備態勢やグローバルな労働力としての可能性を反映するものです。

学歴に関しては全くこだわりはなかったものの「IGCSE ≒ 高卒レベル」と聞いてしまうと「それくらいは取っておいたほうが良いんじゃ…」と感じちゃいますね。

教育における国際認定試験の役割

国際認定試験は、学力を共通の尺度で計測できるように設計されています。

世界中の大学雇用主が、学生の重要な概念の理解度や、その知識を実践的な場面で応用する能力を測るためのベンチマークとしての役割を果たします。

そうすることで、これらの試験は、異なる教育システム間のギャップを埋めるのに役立ち、すべての学生が自分の能力を証明する平等な機会を与えられることが保証されます。

国際認定試験のメリット

国際認定試験は、学生に国際的なレベルで科目の理解度を証明する機会を提供し、多くの場合、異なる視点や考え方に触れる機会を与えてくれます。

さらに、これらの検定試験は、学業に専念し、難易度の高いコースで成功する能力があることを証明するため、学生の大学入学願書をより充実したものにすることができます。

IGCSEとは?≒ 国際的な高卒資格

IGCSEとは?≒ 国際的な中卒資格

国際中等教育修了証(IGCSE)は、14〜16歳の生徒を対象としたイギリスの中等教育を終えるための認定試験の一つ。

この試験に合格すると、より高度な教育を受けるための資格を得ることができるため、国際的な進学を目指す多くの学生にとって、人気の高い選択肢となっています。

IGCSEの構成

IGCSEのカリキュラムには、英語、数学、理科などの基幹科目に加え、外国語からクリエイティブ・アートまで70以上の豊富なな選択科目が含まれています。

幅広く柔軟なカリキュラムを提供しているため、生徒は自分の興味進路希望に合わせて学習を進めることができます。

IGCSEの利点と限界

IGCSE は、その厳格で包括的なカリキュラムが高く評価されており、高等教育への強力な基礎となっています。

しかし、IGCSEは、教科の範囲が広いため、特定の分野での学習が不十分な場合があり、特定の教科に早くから特化したい学生には不向きである。

他の国際認定試験との比較

IGCSEと他の国際認定試験との比較

IGCSEの認知度は非常に高いものですが、国際的な認定を受けているのはIGCSEだけではありません。このセクションでは、学生に明確なメリットを提供する類似の試験をいくつか紹介します。

国際バカロレア ミドルイヤープログラム(IBMYP)

国際バカロレアは、文化への認識総合的な学習を重視している点で際立っています。

生徒が学習と実社会を実践的に結びつけることを奨励しており、11歳から16歳の生徒が8つの科目グループに分かれ、個人プロジェクトに参加することで、自主的な学習と探求を促します。

アドバンス・プレースメント(AP)試験

アドバンスト・プレースメント(AP)試験は、高校生が大学レベルのカリキュラムに取り組むことができます。

高得点を獲得することで、高校在学中に米国の大学で単位を取得し、上級クラスに編入することができるため、米国での進学を希望する生徒にとって魅力的な選択肢となっています。

SAT科目別試験

SAT科目別試験は、生徒が特定の科目の知識と技能を披露する機会を提供します。

これらの試験は、特定のコースやプログラムへの準備態 勢を示すことで、学生が大学出願の際に差別化を図る優れた方法です。

ACT試験

ACT試験は、高校生の一般教養の発達大学レベルの課題をこなす能力を評価します。

多肢選択式テストは、 英語、数学、読解、理科の4つの技能分野を扱います。

正しい試験の選択: 考慮すべき要素

適切な国際認定試験を選択することは、生徒の学業を形成する上で極めて重要です。

ここでは、あなたの学業目標に最適な試験を選ぶために考慮すべき要素をいくつか紹介します

将来の教育計画

国際資格試験の選択は、進学の機会に大きな影響を与える可能性があります。

例えば、米国留学を目指すのであれば、AP試験SAT科目別試験を受験した方が、その国の大学の要件に合うかもしれません。

あなたの学習スタイル

試験によって学習スタイルは異なります。

例えば、問題解決や実践的な学習が好きなら、国際バカロレアのような実社会での応用を重視した試験が適しているかもしれません。

あなたの学問的な強み

特定の学問分野でのあなたの強みは、最適な試験を決定するのに役立ちます。

理科が得意なら、AP試験SAT科目別試験(理科)など、理科の上級科目を扱う試験が有利でしょう。

進路のナビゲート: 正しい選択をする

この記事では「IGCSE」を始めとした、世界的に認知されている様々な試験を比較してみました

適切な国際認定試験を選択することは、学生の学問的な旅路における重要なステップです。

万能の答えはないため、個々の状況、学力、将来の目標を考慮することが極めて重要です。様々な選択肢を理解することで、子供達のニーズに最も適した決断をすることができます。

ではまた!

よくある質問 – FAQs

あなたの意思決定プロセスをさらに支援するために、国際認定試験に関するよくある質問を紹介します:

IGCSE試験とは何ですか?

IGCSE(International General Certificate of Secondary Education)は、GCSEに似た英語ベースの国際中等教育資格です。

IGCSEは、英国でGCSEと同等の資格として認められており、事前の達成度を認定します。ケンブリッジ・アセスメント・インターナショナル・エデュケーションによって提供され、14歳から16歳の学生を対象としています。IGCSEはAからGまでのグレードで評価され、上級レベルまたは進学に進むためには、中核となる5科目で最低Cグレードを取得する必要がある。

SATの試験時間は?どんな問題が出題されるのでしょうか?

SATは3時間50分の試験で、リーディング、ライティング、 数学の知識と技能を測定します。多肢選択問題と選択式の小論文セクションがあります。

認定試験の難易度はどのように決定されますか?

認定試験の難易度は、対象者のスキルや能力に基づいて試験委員会が決定します。

試験に合格するために実際に正解する必要のある問題数は、試験を受ける際に出題される問題の難易度によって決まります。


これらの質問に対する答えは、特定の認定試験や試験委員会によって異なる場合があることを覚えておいてください。常にさまざまな選択肢を調べ、比較して、自分のニーズや目標に最も適したものを見つけましょう。

タイトルとURLをコピーしました