マレーシア

マレーシア マレーシア

マレーレシア関連の情報をまとめています。MM2Hや観光に関する情報をアップします!

マレーシア

マレーシアのインターナショナルスクールってどう?

遅ればせながら、マレーシアの「インターナショナルスクール事情」について、我が子(小4)へのプレゼン資料として、子どもでもわかりやすいように、まとめてみたいと思います。
S-MM2Hビザ

S-MM2Hビザで脚光!サラワク州都クチンv.s.クアラルンプール比較【猫の街】

50歳未満が「S-MM2H」ビザを利用するためには、サラワク州への居住する必要があります。しかし、サラワク州都クチンの情報が全然ない。。。そこで、ネットの情報(英語圏含めて)をかき集めて、クチンとクアラルンプールを各種データで比較しました。
S-MM2Hビザ

サラワク州のインターナショナルスクールまとめ【S-MM2Hでマレーシア移住】

しかしながら、50歳未満が「S-MM2H」ビザを取得するための最大の課題は「サワラク州でのこどもの進学や療養」が必要ということです。そこで今回の記事では、「S-MM2H」の検討を具体的にすすめるために、サラワク州のインターナショナルスクールについて調査し、まとめてみたいと思います。
MM2Hビザ

新発見!!マレーシア長期滞在ビザ「S-MM2Hビザ」とは?MM2Hと比較してみた

S-MM2Hとは、マレーシア・サラワク州(ボルネオ島北部)が独自に発行する長期滞在ビザ。MM2Hの新規発行が停止を好機と見て、サラワク州がここぞとばかりに条件を見直し、新「S-MM2H」の利用者を絶賛募集中です!
MM2Hビザ

コロナ後|MM2Hビザが絶望的…フィリピン移住を検討してみる

現在、私達家族はマレーシア移住を目指しているのですが、MM2Hビザは、7月現在新規申請は停止中となっています。2020年7月以降、MM2H審査担当が変更されたことで、承認率は1割未満になってしまったようです。ビザの取得が絶望的すぎるので、代替案としてフィリピ二重を検討してみました。
マレーシア

マレーシアロングステイ費用を節約!Airbnb長期滞在割引【半額以下も!】

今回の記事では、ロングステイ費用で大きな割合を占める宿泊費の節約に欠かせない、Airbnbの「長期滞在割引」についてご紹介したいと思います。この記事を読めば、宿泊費を50%以上節約でき、マレーシアにもう1ヶ月長く現地に滞在できるかもしれませんよ!
マレーシア

2020|海外移住費用を具体的に試算してみる 【日本脱出に必要なお金】

現在、私達家族はマレーシア移住を目指し、MM2Hビザの取得を進めております。今回の記事ではマレーシア移住の「コスト」の部分にスポットをあて、海外移住にどのくらいの費用がかかるのかを具体的に試算してみたいと思います。
MM2Hビザ

2020|海外送金 手数料比較|マレーシアリンギット編 【BEST10】

現在、私達家族はマレーシア移住を目指し、MM2Hビザの取得を進めており、本申請ではマレーシアに30万リンギットを海外送金する必要があります。マレーシアリンギット送金に対応した10社を資金移動者のリストからピックアップし、送金手数料を比較してみました。
マレーシア

2020|マレーシアの税金(手取り)を日本と比較してみた【年収500万円】

顧問税理士に進められ、マレーシアの税金(手取り収入)について年収500万円をベースに、サラリーマン or 個人事業主の2パターンで比較してみました。
MM2Hビザ

MM2Hの必要書類をスムーズに用意する手順【フリーランスは注意!】

MM2H公式サイトによると、申請には15種類の書類が必要とされていますが、代理店さんにお願いすることで、日本から手配する書類は9つだけ用意しました。今回は、僕が日本から「代理店さんに提出したMM2Hの必要書類」をスムーズに取得する方法をご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました