レアジョブ v.s. DMM英会話 体験レッスンを比較した感想【即入会】

レアジョブ DMM英会話 比較英語

こんにちは、海外ノマドを目指し奮闘中のノマド家族のぱぱぞん(@nomadkazoku)です。

1年後には海外移住するはずなのに、英会話の学習経験はほぼゼロ。流石に焦ってオンライン英会話の体験申込みをしました。

このページを見ている方は、どちらのサービスが良いか迷っているんだと思いますが、結論は「どっちでもいいから、さっさとやれ!」です。

だって、比較している時間がもったいないじゃん!

と言いつつ、私はちゃっかり「レアジョブ英会話 」と「DMM英会話」を比較してみたので、その結果を短めにお伝えします。

レアジョブ v.s. DMM英会話 体験レッスンを比較した感想

同日体験の結果、私が入会したのは「レアジョブ」です。その理由は以下の2つです。

  1. 退会が簡単
  2. 自動予約機能

オンライン英会話比較サイトには、値段や講師数など細々としたデータや分析が”これでもか!”というくらいに書いてありますが、選ぶ理由はシンプルに2つ(実質ひとつ!)に絞りました。

それぞれ解説していきます。

退会が簡単

「レアジョブ」「DDM英会話」どちらも1ヶ月単位の自動更新による課金なので、入会後、もし自分に合わないと感じればスグに退会することができます

もしあなた自身が時給1,500円の仕事をする人ならば、4時間かけて「オンライン英会話」サービスを調査した場合、その調査費用に6,000円かけたことになります。

であれば、まず1ヶ月分のレッスン代6,000円を払ったほうが良くない?という話。

他人の意見を時間をかけて調べるよりも、まずは自分で実際にやってみて自分で判断した方が確実じゃないかなと。

ちなみにそれぞれの退会方法はこんな感じです。
いずれもにしても、やめたいと思えば5分で退会できます。

退会方法

レアジョブDMM英会話

どちらも、一旦「休会」を経て、退会というのは同じですね^^;

自動予約機能

「退会条件」はどちらも同じと言う前提で、次に考えたのは「レッスン数」をいかに確保するか。

「レアジョブ」には、あらかじめ指定した「曜日×時間」のレッスン枠に対して、自動で講師を予約してくれる“自動予約機能”があります。

レアジョブ自動予約設定画面
自動予約の設定画面

私が一番恐れていることは、オンライン英会話サービスの良し悪しよりも、“私のやる気は維持できるのか?”という点です。

その点で“自動予約機能”は強力なパートナーです。

レッスン時間を設定さえすれば、強制的にレッスンが予約されるので、その日の気分でレッスンを予約しない事はなくなります。

また、講師選びも結構面倒な作業でして、、、良い講師を選ぶのに検索し始めると時間もかかるし、何だかんだで「顔で選んでしまう」という良くない傾向があります^^;

ちなみに、オンライン英会話の広告には良く「1レッスン◯◯◯円で英会話」的なことが書いてあります。

ご承知の通り、この金額は“毎日受講した場合”の金額であり、休めば休むほどレッスンの単価は上がっていきます。

以下は、1日25分プラン月額費用(税込)を1週間あたりのレッスン回数で割ったグラフです。

レッスン頻度とレッスン単価(税込)

わかりやすいので金額の話を先にしましたが、本質的には“話す機会を増やす”ことが重要なので、同様にレッスン頻度別の年間学習時間もグラフにしてみました。

レッスン頻度と年間学習時間(単位:時間)

毎週のレッスン頻度が1日減ると、1年で22時間のレッスン時間が失われます。

※ちなみに一度のレッスンで1時間程度の予習復習が推奨されているので、実質的な英語学習の時間はグラフの約3倍、失われる時間も同じく3倍になります。

大学生以降の日本人が英語習得に必要な時間は、おおよそ2,000時間という話もあり、週1回休むことの損失はかなり大きいです^^;

英語習得に必要な時間は約3000時間 いま日本人が抱える英語学習の課題と解決策とは | 留学ブログ
スクールウィズ代表の太田です。英語を学習していく上で気になるのが、一体どれくらい勉強すれば英語を話せるようになるのか、ということ。今回は日本人が英語習得にどれくらいかかるのか、そして現在の英語学習業界や日本人が抱える課題について考察していきたいと思います。

というわけで「レアジョブ英会話 」「DMM英会話」を比較した結果、ほぼ”自動予約機能”という一点で「レアジョブ」に軍配を上げました!

補足「あんしんパッケージ」が”必要”です!

実は「レアジョブ」で自動予約機能を使うためには、月額980円を追加して「あんしんパッケージ」に申込む必要があります。

「あんしんパッケージ」の特典は以下の3点。

  1. 自動予約機能
  2. スピーキングテスト割引(2,980円→980円)
  3. カウンセリング(3ヶ月に一度)

それぞれの特典について、補足で解説します。

自動予約機能

この機能が「レアジョブ」最大の強みなので、言わずもながの必須機能です!

スピーキングテスト割引

英語本のベストセラー作家スティーブ・ソレイシィさんが「難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!」の中で「スピーキングテスト」の重要性について熱弁されています。

僕が20年以上、英会話コーチの仕事をしてわかったのは、スピーキングテストを受ける人のほうが明らかに伸びる(中略)どんな人でもスピーキングテストを受けることだけは条件にして仕事を受けてるの。

引用「難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!」

※ちなみにプライム会員の方は、この本のKindle版が無料で読めます(^^)

公式な資格としての「スピーキングテスト」は、5,000円〜10,000円と高額ですが「レアジョブ」の「あんしんパッケージ」加入者は、割引価格の980円でスピーキングテストを受けることができます。

僕の場合、3ヶ月に1度スピーキングテストを受けるつもりなので、

  • あんしんパッケージなし:2,980円【テスト代のみ】
  • あんしんパッケージあり:3,920円  ※980円×3ヶ月+980円【割引テスト代】

と、差額1,000円ほどで自動予約機能カウンセリングがつくイメージです。

実は、DMM英会話では、通常のレッスン教材として、スピーキングテストが含まれており、レッスン料金内で無料受講できます。

スピーキングテストの試験管は認定を受けた講師ですが、判定は講師個人の単独判断のため、結果にばらつきがありそうです。

※実際、各体験レッスンで私の英語力の判定はかなり差がありました…。

  • レアジョブ:LEVEL4(海外旅行に必要な英語が話せる)
  • DMM英会話:LEVEL1(数字、あいさつ、基本的な表現が使える)

一方で「レアジョブ」のスピーキングテストは、3名+品質管理責任者の最大4名体制で判定のばらつきを最小化する仕組みです。

せっかくテストをするのであれば、正確な評価を知りたいので、スピーキングテストの正確性という点でも「レアジョブ」に軍配が上がります。

2020年4月追記|スピーキングテスト終了

『レアジョブ・スピーキングテスト』が2020年5月7日(木)11:00で販売終了

あんしんパッケージの『スピーキングテスト割引』は『毎月レッスンチケット2枚(1,200円相当)の提供』へと変更となりました。。。

公式サイト|https://help.rarejob.com/answer/5ea691da1b17bb001165d8e0

とりあえず、販売終了前にチケットは買ったので、レッスン90回を達成するのが5/6の予定なので、販売終了当日の5/7(木)にスピーキングテストを受験してみたいと思います。

※チケットの販売は5/7(木)終了ですが、購入済みのチケットはその後も利用可能とのことです。(締め切り時期は不明)

カウンセリング

まだ無料体験のカウンセリングしか受けていないので、なんとも評価しにくいのですが、、、無料体験の結果としては、どっちでも良いのかなという印象です。

レッスンをこなして、受講データやスピーキングテストの結果が加われば、もう少し有意義なカウンセリングになるのではないかと期待しております。

まとめ

レアジョブ英会話 」「DMM英会話」同日体験の感想は以上です。

僕はといえば、すでに月−金の10時に自動予約機能を設定し、最低週5回のレッスン時間を確保しました。

土日のどちらかも、子どもたちが寝たあとにでもレッスン時間を確保し、週6ペースをキープする事が目標です。

みなさんも迷う時間がもったいないので、英会話を習得したい方は、ぜひレアジョブの無料体験レッスンを試してしてみてください!

追記|レアジョブ開始1ヶ月後のレビュー

【口コミ】39歳のレアジョブ体験談レビュー|1ヶ月体験後のコスパと感想
39歳にして、結局英語を学び直す羽目になり、口コミで評判のレアジョブでオンライン英会話をはじめました。「 ところで、レアジョブの成果ってどうなの?」と、質問が来たので、1ヶ月体験後の結果を検証してみたいと思います。
タイトルとURLをコピーしました