▶ビットコイン自動積立プログラム「note」で販売中!

2021|仮想通貨ハードウェアウォレットおすすめ製品比較▷SafePal S1Wallet 購入

2021|仮想通貨ハードウェアウォレットおすすめ製品比較▷Ledger Nano S 購入仮想通貨

こんにちは。ノマド家族のぱぱぞん(@nomadkazoku)です。
現在、私達家族はマレーシア移住を目指し、MM2Hビザの取得を進めております。

日本の居住者でなくなると、銀行や証券口座だけでなく、日本で口座開設した仮想通貨取引所も使用できなくなるため、仮想通貨の保管先としてハードウェアウォレットを購入することにしました。

ハードウェアウォレットは、取引所のハッキングなどによる盗難のリスクが軽減される一方、使い方を間違えると二度と取り出せなくなるという取り扱い要注意のツールです。

現時点では大した暗号資産はありませんが、、、ギリギリで購入して失敗するよりも、少額のうちにさっさと練習しておきたいと思います。

今回は、日本で人気のハードウェアウォレット端末に関して、
調査・比較の上、実際に購入してみたいと思います。

仮想通貨のハードウェアウォレットとは?

まず仮想通貨のウォレットとは、その名の通り仮想通貨を一時的に保管するための「財布」です。
ウォレットには、大きく以下の2種類があります。

ホットウォレット
 ネットに接続された場所にあるウォレット(ウェブ・アプリ)
コールドウォレット
 ネットから遮断された場所にあるウォレット(ハードウェア・ペーパー)

ハードウェアウォレットとは、コールドウォレットの一種で、仮想通貨を管理するためのデバイスです。厳密には「財布」というよりも「鍵」としての機能し、仮想通貨の操作・管理は、端末を接続したパソコンやアプリ上で行います。

ハードウェアウォレットを無くしたり、壊したりした場合でも、リカバリーフレーズ(24個の英単語)さえあれば、スペアキーを作ることが可能です。

逆に、リカバリーフレーズを盗まれてしまうと、他人にスペアキーを簡単に作られてしまい、ウォレット内の資産は盗まれてしまいます。リカバリーフレーズは、くれぐれもネット接続された環境には保管せず、安全な場所で管理して下さい。

仮想通貨ハードウォレットおすすめ製品比較

日本で購入できるハードウェアウォレットは、以下の5機種です。

Ledger
Nano S
Ledger
Nano X
SafePal
S1
SecuX
W20
Cool Wallet
Pro
本体Ledger Nano SLedger Nano Xsafepal_s1SecuX-W20-ハードウェアウォレットCoolWallet-Pro
公式サイト¥8,990¥17,380
(※近日値上)
$49.99
(¥5,700)
¥15,800
¥13,430
$149
(¥17,100)
接続方法USB
Micro-B
USB-C /
Bluetooth
QRcode
(USB充電)
USB
Micro-B /
Bluetooth
Bluetooth
パソコン接続
スマホ接続
販売会社Ledger社
(フランス)
Ledger社
(フランス)
SafePal社
(セーシェル)
SecuX
(台湾)
COOLBITX
(台湾)
クーポン
コード
pianyiyidian
※1ドル≒113円換算(2021年11月時点)
注意

ハードウェアウォレットはAmazonでも購入できますが、正規品かどうかをしっかり確認した上でご購入ください。

Ledger Nano Xは「値上げ」間近!

需要の増加により「Ledger Nano X」は、2022年注文分から値上げすることが発表されました。

2022年1/7時点では、日本の販売代理店価格は据え置きされているので、買うなら今のうちかもしれません!

Ledger Nano X 日本代理店販売サイト

対応通貨

主な通貨の対応状況は以下の通りです。

対応通貨Ledger
Nano S/X
SafePal
S1
SecuX
W20
Cool Wallet
Pro
BTC
ETH
BNB
USDT
SOL
ADA
XRR
DOT
USDC
DOGE
公式公式公式公式
(2021年11月時点)

Ledger Nanoの特長【購入済】

Ledger Nano シリーズは、すでに世界にのべ10万人以上の利用者がおり、使い方やトラブルに関する情報もネットで見つけやすい事が、初心者にとっては最大のメリットです!

LEDGER WALLET
 Ledger
Nano S
Ledger
Nano X
定価¥8,990¥17,380
対応通貨(公式)(公式)
Bluetoothなしあり
バッテリーなし最大8時間
画面128 x 32
モノクロ
128 x 64
モノクロ

「Nano S」は、対応通貨やセキュリティ面では上位機種と変わらないものの、接続はUSBのみでバッテリーもないため、パソコンに接続した状態での使用に限られます。

価格に「Nano S」で使い方を覚え、保有通貨を増やしたくなったら「Nano X」にアップグレードし、「Nano S」はスペアキー的にも使えるようです。

関連記事
>> 意外とカンタン! Ledger Nano S の初期設定&使い方

Ledger Nano X は日本で売り切れの場合

半導体不足の影響か、在庫が不足するケースもあるようです。
どうしても必要な場合、フランスの公式サイトからご購入できます。
Ledger 公式(英語)|https://shop.ledger.com/

送料は無料ですが、輸送に3週間ほどかかるみたいです^^;

SafePal S1の特長【購入済】

SafePal S1」は、世界最大の仮想通貨取引所Bainanceから出資を受けたウォレットアプリ「SafePal Wallet」と連携することで、より安全に資産を保管・運用するためのハードウェアウォレットです。

safepal_s1
SafePal S1
定価$49.99
(¥5,700)
対応通貨20通貨&トークン
(公式)
Bluetoothなし
画面サイズ1.3インチ
SafePal Wallet

SafePal Wallet

SAFEPAL LTD.無料posted withアプリーチ

最大の魅力は、コストパフォーマンス!

他のハードウェアウォレットだと、BluetoothやUSB接続などでパソコンやスマホと連携させる必要がありますが「SafePal S1」は、1.3インチの高解像度液晶にQRコードを表示させ、スマホに読み取らせることで、コストを抑えつつ、オフラインで連携ができ、安全性も高そうです。

関連記事
>> コスパ最強!!SafePal S1 Hardware Walletの買い方

SecuX W20の特長【購入済】

SecuX W20」は、台湾製のハードウェアウォレットでは最大級の液晶タッチパネルを有するクロスプラットフォーム対応のウォレットです。

SecuX-W20-ハードウェアウォレット
SecuX W20
定価¥15,800
クーポン価格¥13,430
クーポンコードpianyiyidian
対応通貨14通貨&トークン
(公式)
Bluetoothあり
画面サイズ2.8インチ

「Ledger Nano X」同様、パソコンとスマホのどちらにも対応するクロスプラットフォームのハードウェアウォレット。自宅でも外出先でも共通のウォレットを利用して、仮想通貨を操作できます。

関連記事
>> 【PC&スマホ対応】LedgerNanoXの対抗馬「SecuX W20」レビュー

SecuX用クーポンの使い方

SecuX用クーポンの使い方
SecuX 公式サイトでクーポン使えます!

|対象製品
・SecuX V20【15%OFF】
・SecuX W20【15%OFF】

公式サイトのクーポン枠にコピペしてAPPLY(適用)すればOK!
#ちなみに[pianyiyidian]
台湾語で「便宜一点(=ちょっと安くして!)」の意

Cool Wallet Sの特長

液晶付きのカードタイプでめちゃくちゃかっこいい!
Bluetooth接続でスマホ連携して使うので、使い勝手も良さそうです!

CoolWallet-Pro
Cool Wallet Pro
定価$149
(¥17,100)
対応通貨16通貨&トークン
(公式)
Bluetoothあり

財布にも入り、なにげに防水対応なので、持ち運び用としては最適です。
しかしながら対応通貨は、主要通貨に限定され、まだまだ日本語の情報は少ないので、トラブル時や基本操作を覚えるのに手間がかかりそうです。

Trezor(トレザー)の特長

一覧表ではスペースの問題で省略しましたが、トレザーも古くから人気のある機種です。
一昔前はボタンや液晶の操作性の評価が高かったようですが、対応通貨の面では若干見劣りするようです。

TREZOR OneTREZOR Model T
定価€48.76
(¥6,143)
€180
(¥22,650)
対応通貨10通貨
&トークン
15通貨
&トークン
画面サイズ128 x 64
モノクロ
240 x 240
カラー
microSDカードなしあり
FIDO2認証なしあり

「Model T」の最大のメリットは、タッチスクリーン付きでパソコンやスマホを介さずに承認などの操作が可能なことです。

使い勝手は向上しますが、価格が3倍以上となると、、、コスパ的にはイマイチですね^^;

FIDO2認証とは?
FIDO(読み方:ファイド)2は、Fast Identity Onlineの略で、ID/パスワードによる認証の課題を解消するため、Paypalを始めとした6社が認証の標準化団体により作られたオンライン認証技術です。

専用ソフトやハードを利用せずに指紋認証・顔認証・虹彩認証といった生体認証をオンライン上でやり取りできる技術です。

結論 1台目ならSafePal S1がおすすめ!

今回は「日本で人気のハードウェアウォレット端末」に関して、比較してみました。

いずれも信頼できる製品であることには違いありませんが、実績と対応通貨の拡張性を重視して、まずは「Ledger NanoS」を購入しました。

結論「Ledger Nano S」を購入

しかしながら、なんだかんだパソコンにUSB接続をするのが面倒になり、、、改めて「SafePal S1 Hardware Wallet」を購入し直しました^^;

SafePal S1は、基本はスマホだけで中身も見れますし、承認作業の際だけデバイスで承認をすれば良いので、使い勝手が格段に向上しました!

価格も安いので、保管額の少ない方の1台目であれば「SafePal S1」で十分かもしれません。

ではまた!

ビットコイン初心者の方はこちらも合わせてどうぞ!

Kindle unlimited ご加入の方は無料で読めます!

ではまた!

関連|とはいえビットコインを買わなきゃ始まらない!

ハードウェアウォレットは、1万円前後の費用がかかるものなのである程度、中身(仮想通貨)の保有額がないと購入するメリットがありません。まずはコツコツ保有額を増やしましょう!

関連|仮想通貨かんたん確定申告「クリプタクトの使い方」

タイトルとURLをコピーしました