▶ぱぱぞん著「ビットコインの仕組みを嫁に教えるための教科書」kindle unlimitedで無料配信中!!

【2021】仮想通貨かんたん確定申告|税金自動計算アプリ!?クリプタクトの使い方

仮想通貨の確定申告ークリプタクトの使い方仮想通貨

こんにちは。ノマド家族のぱぱぞん(@nomadkazoku)です。

先日ビットコインに関する超初心者向けのKindle本「ビットコイン」の仕組みを嫁に教えるための教科書」を出版し、そこそこご好評を頂いております。

↑コメントのご指摘に関しては、第2版で対応します!m(_ _)m

ビットコインに関して学んだ今では、ビットコインは売買するよりも、自分に必要な量だけ積立・保有だけすれば良いと考えられるようになりました。

しかし、昨年暴落時点では、海外移住前にすべて売却しなければいけないと思い込んでいました^^;

勉強不足のため、うかつに仮想通貨を売買してしまった僕ちゃん(日本在住の個人事業主)の場合、1年で8倍リターンのチャンスを逃しただけでなく、確定申告し納税する義務まで発生してしまいました。

利益20万以下の”ワナ”
仮想通貨(雑所得)の利益が20万円以下の場合「確定申告」は不要です。
ただし「住民税申告が必要となりますので、住民税の申告については、1月1日に住んでいた自治体から申告書を入手し、申告しましょう!

しかも、仮想通貨(暗号資産)の評価方法は鬼ややこしく、個人の場合「総平均法」なるものに基づき、確定申告をする必要があります。

今さら学んでも間に合わないので、プロの税理士さんも利用するという完全無料の仮想通貨税金計算サービス【CRYPTACT(クリプタクト)】を利用してみました。

「億り人」になってからでは手遅れなので、まだ利益の少ないうちに、仮想通貨の損益計算方法を体感し備えたいと思います。←何その自信

仮想通貨(暗号資産)かんたん確定申告

ひとまず、自分でも計算できないか損益計算方法について調べてみました。

仮想通貨(暗号資産)の確定申告に必要な「総平均法」とは、棚卸資産の評価方法の一つで、
計算式は、、、

「期末棚卸額 = (期首棚卸額 + 期中取得棚卸資産の評価額) ÷ (期首棚卸数量 + 期中取得棚卸資産数量) × 期末棚卸数量」

うん。中国語並みに漢字だらけなのね。

全くできる気がしないので、さっさと「クリプタクト」の登録を進めます。

クリプタクトのメリット

クリプタクト(CRYPTACT)は、年間取引件数100件まで無料で利用できる仮想通貨の損益計算サービス
週2回以内程度の取引量であれば、無料で使えるので、初心者にはありがたいですね!

損益計算サービスとして利用者No.1(2019年7月時点)であり、主なメリットは以下の通りです。

・対応取引所数、対応コイン数、対応取引種類数で総合1位
・取引履歴をアップロードするだけで、最短10秒で仮想通貨の損益計算ができる。
税理士さんにも多く利用されている信頼の損益計算サービス。
・仮想通貨に精通した者による迅速なサポート対応

対応取引所

無料版で対応する取引所は下記の14取引所です。

クリプタクト-無料対応取引所

下記の取引所は、有料プランでの対応になります。

クリプタクト-有料対応取引所

クリプタクトの登録&初期設定方法

クリプタクト(CRYPTACT)の登録は簡単3ステップです。
なんと必要な情報はメルアドだけで、名前や住所などの個人情報の登録は不要!

クリプタクトの登録&初期設定方法01
クリプタクトの登録&初期設定方法02
クリプタクトの登録&初期設定方法03
クリプタクトの登録&初期設定方法04
クリプタクトの登録&初期設定方法05
Registration_01
Registration_02
Registration_03
Registration_04
Registration_05
previous arrow
next arrow
Registration_01
Registration_02
Registration_03
Registration_04
Registration_05
previous arrow
next arrow

①メールアドレス登録
②メール認証(受信したメールのアドレスをクリック)
③算定方法の選択(個人は「総平均法」でOK!)

「アイデアブック」とは?
投資に特化したSNS。みんなとお金や投資の勉強を楽しみたい方は、スライド3枚目の選択画面で「両方」を選んでみて下さい。

クリプタクトの使い方

クリプタクト(CRYPTACT)は使い方もかんたんです。

HowToUse_01
HowToUse_02
HowToUse_03
HowToUse_04
HowToUse_05
HowToUse_06
HowToUse_01
HowToUse_02
HowToUse_03
HowToUse_04
HowToUse_05
HowToUse_06
previous arrow
next arrow
HowToUse_01
HowToUse_02
HowToUse_03
HowToUse_04
HowToUse_05
HowToUse_06
previous arrow
next arrow

①取引履歴一覧 > 取引履歴追加 >「取引履歴をアップロードする」を選択
②取引履歴をアップしたい「取引所」を選択
③「取引履歴ファイル」をドロップ

利用中の取引所が複数ある場合は、全ての取引所の取引履歴をアップして下さい!
また各取引所からの取引履歴の取得方法は、クリプタクト公式サイトの解説記事をご参照下さい!

以下の解説記事があります
Aidos Market / Binance / Bit-Z / bitbank cc / Bitfinex / bitFlyer / BitMEX / BITPoint / Bittrex / BlockFi / BtcBox / bybit / Changelly / Coinbase Pro / Coincheck / Coinex / Coinexchange / CoinOn / CROSS exchange / Cryptopia / DMM / Fisco / FTX / Ginco / GMOコイン / GMOコイン(2017年度以前分) / hitbtc / Huobi / Kraken / KuCoin / Liquid by Quoine / Mercatox / NEXO / poloniex / STEX / Taotao

クリプタクトの有料プラン

もし取引量が100件以上ある場合は、年間有料プラン加入もご検討下さい。

引用|https://www.cryptact.com/pricing/

仮想通貨の取締については年々厳しくなってきており、申告漏れが発覚すると本来の税金に加えて、追加で40%ほどの税金が徴収されるリスクがあります。

追徴される可能性のある税金
無申告加算税
 50万円まで:15%
 50万円以上:20%
過少申告加算税
 10%
 ※期限内申告税額と50万円のいずれか多い額を超える部分は15%
重加算税
 過少申告加算税に代わる重加算税:35%
 無申告加算税に代わる重加算税:40%
延滞税
A:納期限までの期間及び納期限の翌日から2月を経過する日までの期間
  年「7.3%」と「延滞税特例基準割合+1%」の いずれか低い割合
B:納期限の翌日から2月を経過する日の翌日以後
  年「14.6%」と「延滞税特例基準割合+7.3%」のいずれか低い割合

※全てが適応されるわけではなく、悪質性に応じて組み合わせが変わるようです。

まとめ

本日は、確定申告に先立ち仮想通貨の損益計算方法について、利用者No1の仮想通貨税金計算サービス【CRYPTACT(クリプタクト)】の登録方法&使い方をまとめてみました。

現時点では大した額ではないですが、事前の心構えとして、少ないうちに使い方を覚えておきたいと思います!

関連|仮想通貨ハードウェアウォレットおすすめ製品比較

タイトルとURLをコピーしました