▶ビットコイン自動積立プログラム「note」で販売中!

2021|初心者でも損をしたくない!ビットコインのおすすめの買い方

2021|初心者でも損をしたくない!ビットコインのおすすめの買い方始め方

こんにちは。ノマド家族のぱぱぞん(@nomadkazoku)です。

コロナショックの暴落でコロナ前の半額でビットコインを初めて購入したものの、価格がもとに戻ると同時に売却してしまいました。。。

いくら初心者だからとは言え、できれば損はしたくない
そう思っておすすめ取引所のランキング調べてを見ても、おすすめ理由が抽象的でわかりにくい

この記事では、初心者がムダなコストをできるだけ避け、より有利な条件で購入する方法を解説します。

ビットコインのおすすめの買い方【基本知識】

ビットコインを購入する際に知っておきたい2つのキーワード。

①コスト
②出来高(流動性)

まずはこの2つのキーワードについて解説したいと思います。

コスト

投資の世界には「コストは確実、リターンは不確実」という言葉があります。

確実にリターンを上げることはプロでも難しいですが、コストを下げることは、素人でも勉強しだいで達成できます。

値動きによる損は避けられませんが、せめてコストを下げる努力しましょう!

出来高(流動性)

投資における流動性とは、売買がどれだけ活発に行われているかを現す言葉です。

流動性が高い商品|為替、債券、株式など(参加者が多い)
流動性が低い商品|不動産、芸術品など(参加者が少ない)

ビットコインは、比較的流動性の高い商品ですが、取引所によってはユーザー数がまだ少なく、希望の金額での取引が難しくなります。

そのため、できるだけ参加者が多い=出来高が多い取引所を利用し、より有利な条件で取引できるようにしましょう!

ビットコインの購入コストを下げるには?

ビットコインの購入時にかかるコストは、以下の2パターンあります。

①スプレッド【販売所方式】運営者(取引所企業)から購入する際の差額
②取引手数料【取引所方式】個人間での取引に対し、上乗せで支払う手数料

大手仮想通貨取引所の手数料は、以下の通りです。

販売所手数料取引所手数料
(ビットコインの場合)
bitFlyerスプレッド
(値動きにより変動)
0.15%
~0.01%
GMOコインスプレッド
(値動きにより変動)
メイカー:-0.01%
テイカー:0.05%
Bitbankスプレッド
(値動きにより変動)
メイカー:-0.02%
テイカー:0.12%
Coincheckスプレッド
0.1%~5.0%(※)
無料
Liquidスプレッド
(値動きにより変動)
無料

※価格の急変時や市場の流動性などにより、上記を超える手数料相当額を含んだ売買価格を提示する場合があります。

販売所とか、取引所とか、スプレッドとか、マイナスの手数料とか、色々謎だらけだと思いますので、順番に解説していきます。

販売所方式|スプレッドの仕組み

販売所の「スプレッド」とは、空港などで見かける”外貨両替所”で両替するイメージです。

販売所方式|スプレッドの仕組み

両替所では、各通貨の「購入価格」と「売却価格」があらかじめ提示されており、購入者は欲しい「数量」だけを指定して、両替所の言い値で日本円と交換します。

取引所は、その時の価格変動に応じて、損が出ないように価格を設定するため、値動きの激しい仮想通貨においては、購入と売却の差額が大きくなりがちです。

また、販売所のスプレッドの幅(手数料の内訳)は、明確な記載がない場合がほとんどで、唯一「Coinchek」だけが0.1%~5.0%と明記しています。

※ただし、価格の急変時には、この範囲を超える場合もあるとの注意書きもあります。

手数料が割高になりがちな「販売所」ですが、仮想通貨の取扱数は「販売所」の方が多いケースがほとんどです。

もし「販売所」を利用する場合は、できるだけ価格変動の少ないタイミングを狙って購入しましょう!

取引所方式|取引手数料の仕組み

取引所の「取引手数料」は、”メルカリ”などで中古品を売買する際に支払う手数料のイメージです。

取引所方式|取引手数料の仕組み

少し違う点は、通貨を「売りたい人」と「買いたい人」の双方が購入条件を提示できることです。

取引所では、以下の4パターンで注文することができます。

指値(買い):買いたい「価格」「数量」を決めて注文を出す
指値(売り):売りたい「価格」「数量」を決めて注文を出す
成行(買い):買いたい「数量」を決め、指値注文から”安い”順に即取引
成行(売り):売りたい「数量」を決め、指値注文から”高い”順に即取引

取引が成立したら、その合計金額に対し、規定割合の手数料を支払います。
例えば、取引合計額が100万円で手数料が0.1%なら、取引手数料は1,000円です。

メイカーとテイカーの違い

メイカー|指値(買い/売り)で注文を出すこと。
指値注文を出すことで取引市場の流動性(注文数)を増やすことにより、取引は活性化されるので、メイカーの手数料は割安(又はマイナス)に設定されています。

テイカー|成行(買い/売り)で注文を出すこと。
成行注文を出すことで取引市場の流動性(注文数)を消化することにより、取引は停滞するので、テイカーの手数料は割高に設定されています。

ビットコインの出来高が多い取引所はどこ?

ビットコインの流動性(出来高)については「Bitcoin日本語情報サイト」で確認することができます。
直近半年の順位は、以下の通りです。

集計期間:2021年11月〜2022年4月(Bitcoin日本語情報サイトから引用)

ビットコインに関しては、bitFlyerで国内の約4割が取引されています。

ちなみに、ビットコイン以外の仮想通貨も含めた総合的な出来高では、bitbankも健闘していますね。

結論 自分の目的にあった取引所を選ぼう!

この記事では初心者がムダなコストをできるだけ避け、より有利な条件で購入する方法を解説しました。

流動性とコストそれぞれの観点で、まずは以下の2択で検討してみるのが良いかもしれません。

流動性高い ▶ ビットコインをバリバリトレードしたいbitFlyer
コストが安い ▶ ビットコインをちょこちょこ積立てたいbitbank

ではまた!

関連|米国で承認!!ビットコイン(BTC)先物ETF【BITO】

タイトルとURLをコピーしました