▶ビットコイン自動積立プログラム「note」で販売中!
【PR開示】当ブログの記事には、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。 詳しくは利用規約をご覧ください。

ドルチ対フライ:初期読解能力向上のための視認単語(サイトワード)リスト

ドルチ対フライ:初期読解能力向上のための視認単語(サイトワード)リスト 基礎知識
この記事は約5分で読めます。

こんにちは。ノマド家族のぱぱぞん(@nomadkazoku)です。

2005年に英語が苦手すぎて中国語留学(内モンゴル)で知り合ったぼくたち夫婦が「結局英語のほうが使うよね〜」と子ども達を連れて、2023年4月よりマレーシアで教育移住生活をスタートさせました。

関連記事
>> CAT4とは?海外インターナショナルスクール入学の秘訣を解き明かす!
>> 年69ドルのCAT4テスト対策用オンライン模試|”テストプレップ”の使い方
>> IXL.comでオンラインで米国留学!?英語でネイティブ4科目を学べる学習サイト

効率的な視認単語(サイトワード)の認識は、英語の初期教育の基本です。

以前の記事では、ドルチサイトワードリストの次のステップとして、フライサイトワードリストを紹介しました。

関連記事
>> Fry Sight Words List(フライサイトワードリスト)とは?【全1,000語 一覧】
>> Dolch sight words(ドルチサイトワード)List【全315語一覧】

この2つのリストの違いと重要性を理解することで、教育者と親は子どもたちが英語学習で成功するための読書スキルを、よりスムーズに習得することができます。

この記事では、それぞれの起源、内容、学習方法について掘り下げます。

視認単語(サイトワード)の本質

視認単語とは

視認単語は、英語の初級者が即座に認識を促される、読書において使用頻度の高い単語です。

視認単語リストに含まれる英単語は、英語のフォニックス(発音ルール)に反するイレギュラーな発音を多く含み、子供たちの読書において単語の認識が難しいことがあります。

関連記事
>> 幼児向けフォニックス用【発音記号44個】完全版

初期リテラシーにおける視認単語の役割

視認単語の習得は、読解能力と理解力に不可欠です。

これらの単語は、子供の本や日常のテキストに大きな割合で現れ、読書プロセスをスムーズにし、テキストの意味により大きな焦点を当てることができます。

ドルチサイトワードリスト

ドルチリストは、1936年エドワード・ウィリアム・ドルチによって開発され、子供の本に頻繁に現れる220個の単語と追加の95個の名詞から構成されています。

ドルチの研究は、これらの単語を視認できるようにすることが、子どもの読解能力を大幅に向上させると信じていました。

メリット

ドルチリストの主な利点は、子供の本に最もよく現れる単語に焦点を当てていることで、幼児にとって非常に実用的です。

選ばれた単語は、子供がテキストの大部分をより流暢に読むことを可能にし、早い段階から読書への愛を育むよう設計されています。

フライサイトワードリスト

フライリストは、1950年代エドワード・フライによって紹介され、使用頻度に基づいてランク付けされた英語で最も一般的な単語から成ります。

このリストは、3年生から9年生の読者に必要な1,000単語が含まれており、広い範囲の語彙をカバーすることを目的としています。

メリット

フライリストの性質は、語彙力をさらに発展させたい英語学習者にとって貴重なツールとなります。

広範な単語集は、一般書にも適用できる広い語彙を習得できるよう設計されています。

比較分析:ドルチ対フライ

主な違い

ドルチとフライのリストの主な違いは、単語量単語選択の方法にあります。

ドルチリストはより簡潔で、核となる単語セットに焦点を当てているのに対し、フライリストは一般的な読書材料での使用頻度に基づいて単語をランク付けすることで、より広い語彙を提供します。

お子様や生徒に適したリストの選択

ドルチとフライのリストの選択は、子供の読解レベル、教育目標、およびフォローされているカリキュラムに基づいて行うべきです。

一部の教育者は、初期読者にドルチリストを使用し、読解スキルの発展に伴ってフライリストへと移行することを好みます。

学習における視認単語の実装

視認単語の教授技術

視認単語の教授に効果的な技術には、フラッシュカード、インタラクティブなゲーム、繰り返しと記憶を促進する活動が含まれます。

砂で単語を書く、磁気文字を使用するなど、視覚的および触覚的な学習方法も保持を強化することができます。

日常読書における視認単語の統合

子供たちに日常の読書材料の中で視認単語を識別し、読むように促すことで、読解流暢性を大幅に向上させることができます。

保護者や教師は、テキスト内の視認単語を強調し、本の中でそれらを見つけるよう子供たちを促し、書き取り練習に使用することができます。

ドルチ → フライで英語読解力を底上げする

結論として、ドルチとフライの視認単語リストは、初期リテラシー開発をサポートするための貴重なリソースを提供します。

それらの語彙は、子供の進歩に合わせてカスタマイズされるべきですが、どちらも学業成功と個人的成長のための基盤を提供することに焦点を当てています。

視認単語を包括的な読書プログラムに統合することで、教育者と保護者は、子供たちが必要とする基礎を提供することができます。

お子さんの習得度に合わせて、ドルチ → フライへと段階的に語彙を増やし、英語の読書を習慣づけることで、英語力強化の近道へといざなってあげましょう!

ではまた!

よくある質問 – FAQs

視認単語とは何か、なぜ重要なのか?

視認単語は、子どもたちが即座に認識するよう促される単語です。

これらは、読書材料に頻繁に現れ、読解流暢性と理解を大幅に向上させることができます。

子供にドルチリストとフライリストのどちらを選ぶべきか?

ドルチリストとフライリストの選択は、お子様の読解レベルと教育目標に基づいて行うべきです。

ドルチリストは初心者に、フライリストは読解スキルが発展するにつれて語彙を拡大するために有益です。

視認単語は読解流暢性と理解を改善できるか?

はい、視認単語の習得は、テキストの意味に焦点を当てることを可能にすることで、読解流暢性と理解を大幅に改善することができます。

視認単語を教える楽しい方法は?

視認単語を教える楽しい方法には、フラッシュカードを使用する、マッチングゲームをする、砂や指で単語を書く、そして日常の読書活動にそれらを取り入れることが含まれます。

タイトルとURLをコピーしました