▶ぱぱぞん著「ビットコインの仕組みを嫁に教えるための教科書」kindle unlimitedで無料配信中!!

ドル安で転換点?新興国債券ETF比較【EMB/EMLC/PCY/VWOB】おすすめ米国インデックスETF

ドル安で転換点?新興国債券ETF比較【EMB/EMLC/PCY/VWOB】おすすめ米国インデックスETF債券ETF

こんにちは。ぱぱぞん(@nomadkazoku)です。

海外移住のために取引手数料無料の米国Firstrade証券口座を開設し、海外移住後も証券口座を維持できる状態で米国ETFを中心に資産運用をしています。

今回はハイリスクな投資先とされる新興国債券に関して、ドル安傾向でで価格が上がるのでは?という仮説をもとに、新興国債券の基本について勉強してみたいと思います。

現地通貨建て新興国債券「EMLC」×米ドルインデックス指数の相関指数
現地通貨建て新興国債券「EMLC」×米ドルインデックス指数の相関指数

実際に現地通貨建て新興国債券ETF(EMLC)の価格は、ドルインデックス指数と逆相関関係にあるように見えます。これからドル安に向かうのであれば、値上がりのチャンスなのかなと。

今回の記事では、米国で人気の新興国債券上位4銘柄についてまとめて比較します。

※本記事は2021年3月時点での情報です。

米国で人気の新興国債券ETF4本を比較

まずは4つの新興国債券ETFの主要スペックを純資産総額に並べて比較してみましょう。

シンボル通貨
建て
純資産
総額
平均
出来高
銘柄数経費率分配金
利回り
10年平均
成長率
10年最大
下落率
シャープ
レシオ
直近半年
資金流入
EMB米ドル17.0B573M5400.39%4.05%5.00%-16.0%0.53808M
EMLC現地
通貨
3.3B61M0.30%4.98%0.16%-28.8%0.03104M
PCY米ドル2.8B32M1030.50%4.58%5.24%-19.1%0.50-32M
VWOB米ドル2.7B32M7480.25%4.31%4.96%-14.1%0.55965M

※成長率、下落率、シャープレシオは、PortfolioVisualizer 参照。

新興国債券で最も重要な項目は「米ドル建て」か「現地通貨建て」かという点みたいですね。

それぞれ深堀りしてみたいと思います。

EMB|iShares JP Morgan USD Emerging Markets Bond ETF

シンボル通貨
建て
純資産
総額
平均
出来高
銘柄数経費率分配金
利回り
10年平均
成長率
10年最大
下落率
シャープ
レシオ
直近半年
資金流入
EMB米ドル17.0B573M5400.39%4.05%5.00%-16.0%0.53808M

「EMB」は、新興国債券ETFとしては最大規模のETFです。

主な特徴

①米ドル建て
→直接的な通貨リスクを排除。ただし、通貨安による信用リスク(債務不履行)は残る。
②残高10億ドル以上の債券に投資
→規模が大きいほど安定
③満期2年以上の債権に投資
→リスクは高いが利回りも良い

分配金利回りは比較的低いものの、他の新興国債券ETFと比較し10倍以上の出来高を誇り、安心してトレードすることができそうです。直近半年でも大きな資金が流入しています

EMLC|VanEck Vectors J.P. Morgan EM Local Currency Bond ETF

シンボル通貨
建て
純資産
総額
平均
出来高
銘柄数経費率分配金
利回り
10年平均
成長率
10年最大
下落率
シャープ
レシオ
直近半年
資金流入
EMLC現地
通貨
3.3B61M0.30%4.98%0.16%-28.8%0.03104M

「EMLC」は、現地通貨建てとして最大規模の新興国債券ETFです。

主な特徴

①現地通貨建て
→為替リスクあり。ただし1通貨あたり10%未満で分散。
②満期10年以内の債権に投資
→一定以上のリスクをカット

上位銘柄の中では、経費率が比較的安く利回りが高い一方で、10年平均成長率はたったの0.16%…。

つまり10年の複利効果をもってなお、ほぼ資産が増えないという悪魔のような投資商品です。

とは言え、冒頭で紹介したとおり、この10年間はドルが強い傾向にあったため、もしドル安に転じるということになれば話は別です。ここ数年の出来高の盛り上がりを見ても、気になる銘柄ですね!

PCY|Invesco Emerging Markets Sovereign Debt ETF

シンボル通貨
建て
純資産
総額
平均
出来高
銘柄数経費率分配金
利回り
10年平均
成長率
10年最大
下落率
シャープ
レシオ
直近半年
資金流入
PCY米ドル2.8B32M1030.50%4.58%5.24%-19.1%0.50-32M

「PCY」は、「QQQ」でおなじみInvesco社が運用する新興国債券ETFです。

主な特徴

①米ドル建て
→直接的な通貨リスクを排除。ただし、通貨安による信用リスク(債務不履行)は残る。
②満期3年以上の債権に投資
→「EMB」より1年長い分、ややハイリスク・ハイリターン。
③地理的分散を重視
→適格な新興市場ごとに1〜3の証券を選択し、地理的な多様性を重視。

他のETFと違い、地理・流動性・期限・利回りなど細かなスクリーニングを設定し、四半期ごとに再調整されるため、経費率は高いものの、10年平均成長率では好成績を残しています。

VWOB|Vanguard Emerging Markets Government Bond ETF

シンボル通貨
建て
純資産
総額
平均
出来高
銘柄数経費率分配金
利回り
10年平均
成長率
10年最大
下落率
シャープ
レシオ
直近半年
資金流入
VWOB米ドル2.7B32M7480.25%4.31%4.96%-14.1%0.55965M

「VWOB」は、新興国株投資でおなじみ「VWO」の債券バージョンです。

主な特徴

①米ドル建て
→直接的な通貨リスクを排除。ただし、通貨安による信用リスク(債務不履行)は残る。
②最大20%のアクティブ投資
→全体の8割はインデックスを追跡しつつ、2割は独自に投資先債券を決定

上位銘柄の中では、最も経費率が安く、一定の成績も残しているためか、直近半年で最も多い資金流入があります。

全体の2割をアクティブ投資することで、最大下落率を抑えることにも成功しているようです。

新興国債券ETFの購入方法

地理的分散を重視した「PCY」以外は、以下の国内証券会社でも取り扱いがあるようです。

シンボルFirstrade楽天証券SBI証券マネックス
証券
DMM 株
EMB
EMLC
PCY
VWOB
ETF取扱数2,200以上300以上300以上350以上84

「PCY」を購入したい場合は、米国市場のETFが全て購入可能なFirstrade証券の口座開設をご検討ください。

ただし、米国の証券会社では、特定口座やNISA口座等に対応していないため、配当金や売買益に対して、日本国内で確定申告が必要となりますのでご留意ください。

結論 ややドル高気味なので「EMLC」を仕込む

以上、米国で人気の新興国債券上位4銘柄についてまとめて比較してみました。

今後はドル安になる可能性が高いと言われていますが、最近は少しだけドル高気味なので、今のうちに「EMLC」も仕込んでみたいと思います!

ではまた!

米国ジャンク債ETF比較【HYG/JNK/USHY/HYLB/SHYG/ANGL/SJNK】

他にも魅力的な「米国債券ETF」を比較しています!

タイトルとURLをコピーしました