▶ビットコイン自動積立プログラム「note」で販売中!

ユニオンバンクのステートメント(明細書)を郵送→オンラインに設定

ユニオンバンク-ステートメント海外送金

こんにちは。ノマド家族のぱぱぞん(@nomadkazoku)です。

現在我が家は、マレーシア移住を目指し、S-MM2Hビザの取得をすすめています。

海外居住者となってしまうと、日本の銀行や証券会社が利用できなくなると知り、居住国によらず無料(条件付き)で口座維持ができるアメリカの銀行口座(ユニオンバンク)と証券口座(Firstrade証券)を口座開設しました。

関連記事
>> 日本にいながらアメリカに銀行口座開設は不可能?たった1つの抜け道
>> 米国ネット証券会社「Firstrade」口座開設方法【15分で完了】

本日は、ユニオンバンクの初期設定の続きとして「ステートメント(明細書)設定」について解説したいと思います。

ユニオンバンクのステートメント(明細書)を郵送→オンラインに設定

アメリカで主流のACH送金には、銀行口座のバンクステートメント(明細書)が必要になります。

ユニオンバンクの口座開設の初期設定では、紙の郵送となっているため、PDFで見られるように設定しましょう!

Statements>Change statement delivery method > Online statement only

バンクステートメント(明細書)は月1回(月初)発行のため、変更直後すぐに見ることはできなくて焦りますが、1ヶ月ほど待つとメールが届き、オンラインバンクでステートメントのPDFがダウンロードできようになります。

口座開設した直後は明細が見れずに焦る
口座開設から一ヶ月ほどで、PDFがダウンロード出来るようになります
メールでお知らせも届きます

以上、ユニオンバンクでのステートメントのオンライン化の設定でした。

郵送だと時間もかかりますし、他の手続きで明細書を提出する際に不便ですので、すぐにオンライン化しておきましょう!

ユニオンバンク関連記事

タイトルとURLをコピーしました