海外移住で残すべき銀行口座はどれだ?【三菱UFJが最強説】

海外在住の前に作るべき銀行口座海外移住

こんにちは。ノマド家族のぱぱぞん(@nomadkazoku)です。

2020年時点では、マイナンバー制度の問題で海外移住者は日本の銀行の維持が難しいそうなので、ひとまず手軽に作れる米国ユニオンバンクの口座を開設しました。

ユニオンバンク口座開設するためのたった一つの条件【三菱UFJ銀行】
「英語で海外に銀行口座開設なんてめんどくさそうだな」と思っていた所、日本語で、簡単に、しかも無料でアメリカの銀行口座開設ができるサービスを発見しました。

とはいえ、日本の銀行も必要よね…。

ということで、非居住者でも維持できる日本の銀行口座について調べてみた結果、候補は以下の5つの銀行に絞られました。

  1. 三菱UFJ銀行
  2. 三井住友銀行
  3. みずほ銀行
  4. ソニー銀行
  5. プレスティアSMBC信託銀行

ちなみに2020年1月現在では、
非居住者となった時点で解約が必要な主要銀行がほとんどです。

日本非居住者となった場合、解約が必要な銀行

ゆうちょ銀行(※1)、新生銀行、住信SBIネット銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、イオン銀行、セブン銀行など

※1 代理人を立てることで維持は可能

この記事では、海外移住者が維持可能な日本の銀行のサービスについて、更に深堀りして比較してみたいと思います。

海外移住で残すべき銀行口座はどれだ?

まずは、各銀行の海外移住者向けサービスの機能について、ざっくり表にまとめて比較してみました。

銀行名月額
利用料
残高/明細
照会
国内口座
への振込
海外送金海外での
ATM利用
三菱UFJ銀行¥300△※2
三井住友銀行¥220△※2
みずほ銀行¥0××
ソニー銀行¥0×△※2
プレスティア
SMBC信託銀行
¥0△※1△※1×

※1 事前に登録した送金先に限る
※2 別途デビットカードの申し込みが必要

【結論】2020年2月時点では、有料ですが三菱UFJ銀行が最も使い勝手が良さそうです。

追記|ソニー銀行最強説もアリ?

海外送金サービスがなくても、手数料が安いトランスファーワイズ(TransferWise)を代わりに使えば、ソニー銀行が月額利用料無料で最強という説もありました。口座開設検討しようかな…。

以降、各銀行のサービスの詳細にについて解説します。

三菱UFJ銀行【グローバルダイレクト】

三菱UFJ銀行【グローバルダイレクト】

三菱UFJ銀行の「グローバルダイレクト」は、「三菱UFJダイレクト」利用者の海外での利用をサポートするオプションサービスです。

月額300円のコストが掛かりますが、唯一“登録先のない送金先”への外国送金依頼にも対応し、万が一の事態にも対応が可能そうです。

デビットカードを作れば、海外でのATM利用も可能です。

サービス内容

  • ①「三菱UFJダイレクト」のサービス
  •  ※投資信託のお取引、住宅ローンなど一部取引は利用不可
  • ②ワンタイムパスワードカード等の海外への発送
  • 登録のない送金先への外国送金依頼(月500万円以下)
  • ④メインバンク総合ステートメント(資産管理レポート)

利用手数料

月額300円 ※消費税非課税

必要な書類

  • ①申込書・お届印
  • ②ご本人確認書類(パスポート)
  • ③勤務先等の確認書類

注意事項

ワンタイムパスワード(スマホアプリ)は海外で利用できないため、ワンタイムパスワードカードへの切り替え手続きが必要。

三井住友銀行【SMBCダイレクト・グローバルサービス】

三井住友銀行【SMBCダイレクト・グローバルサービス】

三井住友銀行の「SMBCダイレクト・グローバルサービス」は、「SMBCダイレクト」利用者の海外での利用をサポートするオプションサービスです。

インターネットバンキングの基本機能は、利用可能です。
デビットカードを作れば、海外でのATM利用も可能です。

サービス内容

  • ①残高照会
  • ②振替
  • ③国内振込
  • ④外国送金
  • ⑤セキュリティ関連登録
  • ⑥お取引明細の送付

利用方法

インターネットバンキング(SMBCダイレクト)
※スマートフォンを含む

利用手数料

月額220円 ※消費税込

必要な書類

  • ①申込書
  • ②個人番号告知書
  • ③ご本人確認書類(マイナンバーカード等)
  • ④海外勤務証明書 or 入学許可証
  • ⑤居住地国などの届出書

みずほ銀行【海外勤務者向け日本国内送金サービス】

みずほ銀行【海外勤務者向け日本国内送金サービス】

みずほ銀行の「海外勤務者向け日本国内送金サービス」は、みずほダイレクトを利用し、日本国内向けに送金が出来るサービスです。

基本的には、国内向け送金のみの対応です。

サービス内容

①日本国内向け送金

利用方法

インターネットバンキング(みずほダイレクト)マイページより、送金申込

利用手数料

無料 ※送金手数料は別途必要

ソニー銀行

ソニー銀行

ソニー銀行は、海外への転勤・留学などにより非居住者となった後も、引き続き利用可能ですが、インターネットバンキングでの海外送金は非対応のようです。

サービス内容(非居住者向け)

  • ①円預金
  • ②外貨預金
  • ③振り込み
  • ④入金受け取り
  • ⑤海外ATMからの引出し ※SonyBankWALLETを利用

利用方法

インターネットバンキング

利用手数料

無料

プレスティアSMBC信託銀行

プレスティアSMBC信託銀行

プレスティアSMBC信託銀行は、海外赴任などにより非居住者となった後も、引き続き利用可能です。

ただし、一定条件を満たさないと月額2,000円の口座維持手数料がかかります。
また、国内の振込みは、日本居住中に事前登録した振込先のみ可能です。

サービス内容(非居住者向け)

  • ①外貨預金の取引
  • ②送金資金の受取り
  • ③投資信託の売却
  • ④登録先への送金

利用方法

インターネットバンキング

利用手数料

無料
※ただし、口座維持手数料が月額2,000円。
以下のいずれかの条件を満たせば無料。

  • 前月*の月間平均総取引残高の外貨部分が20万円相当額以上
  • 前月*の月間平均総取引残高が50万円相当額以上
  • 前月*末時点でローン商品のお借入れがあること(プレスティア マルチマネークレジットは除く)
  • 前月*最終営業日の当行所定の時点でプレスティア マルチマネークレジットのお借入があること
  • 前月*25日(25日が土・日・祝休日の場合は前営業日)時点でSMBC信託銀行の提携クレジットカードの会員である場合
  • 外貨積立サービスの初回引落しがあった月の翌月以降、一定の積立がされていること

必要な書類

①住所変更届 兼 居住性変更に関する届出書
②海外転出を証明する書類

まとめ

以上、「海外移住の前に作るべき銀行口座」について解説しました。

我が家では、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行の主要3銀行の口座を持っていますが、移住前に不要な銀行口座は解約して整理したいと思います。

トランスファーワイズ(TransferWise) を併用した「ソニー銀行」活用案についても調査した上で、新規メインバンクに活用できないかも検討してみたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました