▶ビットコイン自動積立プログラム「note」で販売中!
【PR開示】当ブログの記事には、アフィリエイトリンクが含まれている場合があります。 詳しくは利用規約をご覧ください。

海外送金前に読まなきゃ損!!SWIFTコードとは?主要銀行まとめ【三菱UFJ/みずほ/三井住友】

SWIFTコードとは?主要銀行まとめ【三菱UFJ/みずほ/三井住友】 海外送金
この記事は約7分で読めます。

こんにちは。ノマド家族のぱぱぞん(@nomadkazoku)です。

2023年4月、我が家はマレーシア移住をはたし、クアラルンプールで暮らしています。

海外居住者となってしまうと、日本の銀行や証券会社が利用できなくなると知り、居住国によらず無料(条件付き)で口座維持ができるアメリカの銀行口座(ユニオンバンク)と証券口座(Firstrade証券)を口座開設しました。

関連記事
>> 米国ネット証券会社「Firstrade」口座開設方法【15分で完了】
>> Firstradeへの送金にも使える!プレスティアSMBC信託銀行が意外とイケてる理由
>> 海外送金Wise(ワイズ)の魅力とは?海外移住者が選ぶ3つの理由

2023年 Firstrade証券が全米7位の高評価!!

メインの銀行を海外口座に移行するにあたり、Wiseを利用して、海外送金の最適化を図りました。

関連記事
>> 海外移住者に評判の海外送金Wiseとは?”安い・簡単・早い”で断然オススメ!

海外送金をする際に必要になってくるのが、送金先の金融機関を識別するためのSWIFT(スイフト)コードです。

今回の記事では、SWIFTコードとは何か?と日本の主要銀行のコードをまとめてみたいと思います。

SWIFT(スイフト)コード とは?

SWIFTコードは、SWIFT(国際銀行間金融通信協会)が提供する金融機関識別コードです。
ISO(国際標準化機構)によって承認された8桁または11桁の文字列で構成されています。

今から50年前、1973年にベルギーで設立された仕組みですが、海外の銀行を指定する際に今よく使用され、SWIFTアドレス、BICコード(Bank Identifier Code)とも呼ばれます。

SWIFTコードの構造

11文字の構成は、以下の通り。

4文字|金融機関コード
2文字|ISO国名略号
2文字|所在地コード
3文字|支店コード(※省略可)

※本店は支店コードを抜いた8桁を利用します。11桁の入力が必須のフォームでは「HED」を付加します。

国際取引におけるSWIFTコードの重要性

SWIFTコードは、安全で迅速かつ正確な取引を保証する役割のため、グローバル金融において最も重要です。混乱やエラーを排除することで、よりスムーズで効率的な金融取引を促進します。

一方で、正確さを求めるがゆえに面倒な手続きがある点が課題です。

特に日本の銀行では、支店に出向いて手書きの書類を書き、本人確認をしたりする必要がある場合もあります。

その点、Wiseなどの海外送金サービスなら、オンラインの数分作業で送金が完結するのでステキです。

\この見積もり機能がステキ!/

海外送金でのSWIFTコードの使い方

海外送金を開始する前に、受取人の銀行のSWIFTコードを含むすべての必要な情報を収集する必要があります。正確な情報であればあるほど、送金はスムーズに進みます。

以下に、海外送金に必要な一般的な情報を表にまとめました。

情報説明
受取人の氏名受取人の正確な氏名または法人名
受取人のアドレス受取人の住所(都市、国、郵便番号など)
受取人の口座番号受取人の銀行口座番号または口座識別子
受取人の銀行名受取人が口座を開設している銀行の正式名称
受取人の銀行の住所受取人の銀行の住所(都市、国、郵便番号など)
受取人の銀行のSWIFTコード受取人の銀行を一意に識別するためのコード
受取人の銀行の支店名受取人の銀行の支店名または支店コード(必要な場合)
送金通貨送金する通貨の種類(米ドル、ユーロ、日本円など)
送金額送金する金額(通貨単位で)
送金目的送金の目的や説明(個人間送金、商品購入など)
送金元の銀行名送金元の銀行の正式名称
送金元の銀行の住所送金元の銀行の住所(都市、国、郵便番号など)
送金元の銀行のSWIFTコード送金元の銀行を一意に識別するためのコード
送金元の口座番号送金元の銀行口座番号または口座識別子
送金元の口座名義人送金元の銀行口座の名義人の氏名

これらの情報は、正確な海外送金手続きを行うために必要です。

送金先の銀行や送金サービスプロバイダーによっては、追加の情報や手続きが必要な場合がありますので、具体的な要件については対象の銀行やサービスプロバイダーのガイドラインを参照することをお勧めします。

SWIFT(スイフト)コード 一覧

日本の主要銀行のSWIFTコード&金融機関コードは、以下の通りです。

カテゴリ金融機関名(出典リンク)SWIFT
コード
金融機関
コード
中央銀行日本銀行BOJPJPJT0000
都銀みずほ銀行MHCBJPJT0001
都銀三菱UFJ銀行BOTKJPJT0005
都銀三井住友銀行SMBCJPJT0009
都銀りそな銀行DIWAJPJT0010
都銀埼玉りそな銀行SAIBJPJT0017
ネット銀行ソニー銀行SNYBJPJT0035
ネット銀行楽天銀行RAKTJPJT0036
ネット銀行住信SBIネット銀行NTSSJPJT0038
ネット銀行auじぶん銀行JICRJPJ10039
ネット銀行イオン銀行AEONJPJT0040
ネット銀行大和ネクスト銀行DNEXJPJT0041
おまけユニオンバンクBOFCUS33MPK
おまけU.S. BankUSBKUS44IMT
2023年6月時点

一覧にない銀行はGoogleで「SWIFT (銀行名)」で検索すれば、すぐにわかると思います。

SWIFT公式の検索ツールOnline BIC Searchというのもあるので、正確な情報を調べたいときはこちらでも検索してみて下さい。

※銀行は英語表記で入力して下さい。

SWIFTコードの課題と欠点

国際的な銀行業務において重要なSWIFTコードですが、課題やデメリットがないわけではありません。
ここでは、これらの問題のいくつかをより深く見てみましょう。

SWIFTコードのエラー

SWIFTコードに関連する最も一般的な問題の1つは、ヒューマンエラーです。

SWIFTコードが誤字脱字により誤って入力された場合、資金は間違った銀行に送られ、遅延や潜在的な損失につながる可能性があります。SWIFTコードの長さと複雑さを考えると、このようなミスは簡単に起こり得ます。

国境を越えた取引における非効率性

SWIFTコードは、世界的に銀行の識別を容易にしますが、必ずしも海外送金の速度を上げるものではありません。

SWIFTコードを使って送金された資金が目的地に到着するまでに数日かかるケースも十分にありえます。これは、資金が最終目的地に到着する前に複数の銀行(コルレス銀行)を通過する事により、送金作業が停滞するためです。

コルレス銀行とは?

コルレス銀行の関係は、SWIFTコードを含む国際取引や電信送金に不可欠な銀行です。
一般銀行とコルレス銀行の関係は、相互のサービスと関連する手数料契約によって確立されています。

コルレス銀行は、国際取引を簡素化する一方で、追加手数料や遅延の大きな要因となっており、その存在意義については大きな議論の的となっています。

高額な手数料

SWIFTコードを使用して海外送金する場合、銀行によって異なる手数料が発生することがあります。

場合によっては、送金者受取人の両方が請求されることもあり、複数の手数料や追加の請求が発生する可能性があることは、SWIFTコードシステムの大きな欠点のひとつです。

まとめ

以上、本日は海外送金には必須の「SWIFTコード」についてまとめてみました。

海外送金には欠かせないSWIFTコードですが、50年も前に作られたシステムを未だに使うのはいかがなものなのかな?と感じてしまいます。

ビットコインなどの暗号資産やWise(ワイズ)などのテクノロジーを駆使すれば、安く・速く・簡単に送金ができるのに…

関連記事
>> Ledger Nano S 送金方法&手数料 1〜2ドル でビットコイン(BTC)の出し入れ自由!

新しいものをどんどん取り入れて、世の中をアップデートしていきましょう!

ではまた!

\この見積もり機能がステキ!/

FAQs – よくある質問集

自分の銀行のSWIFTコードはどこで見つけることができますか?

SWIFTコードは、銀行の公式サイト、またはカスタマーサービスに問い合わせることで見つけることができます。また、銀行の明細書に記載されている場合もあります。

送金する場合は、受取人の銀行のSWIFTコードを入手する必要があり、受取人が提供してくれるはずです。

海外送金に誤った SWIFTコード を使用した場合はどうなりますか?

不正なSWIFTコードを使用すると、送金の遅延誤送につながる可能性があります。

最悪の場合、お客様の資金が失われる可能性があります。不正なSWIFTコードを使用したことに気づいたら、すぐに銀行に連絡し、問題の解決を試みてください。

SWIFTコードとBICは違うのですか?

いいえ、SWIFTコードBICに違いはありません
どちらの用語も、国際的な銀行コードの同じシステムを指しています。

SWIFTコードという用語は、これらのコードを確立した組織であるSWIFTSociety for Worldwide Interbank Financial Telecommunication)に由来します。BICは、Bank Identifier Codeの略です。

SWIFTコードがなくても海外送金は可能ですか?

国や銀行によって異なります。

国や銀行によっては、ヨーロッパで普及しているIBANシステムなど、異なるシステムを使用している場合があります。しかし、ほとんどの場合、海外送金にはSWIFTコードが必要です。

国際送金にSWIFTコードを使用することに代わるものはありますか?

はい、SWIFTコード以外の送金システムもあります。

SWIFTコードに代わるものとして、ヨーロッパで主に使用されているIBAN(国際銀行口座番号)、イギリスとアイルランドで使用されているSort Codeシステムがあります。

Wise(ワイズ)PayPalのような金融技術企業も、異なる識別方法を用いて国際送金サービスを提供しています。しかし、SWIFTコードは依然として世界的に最も普及しているシステムです。

タイトルとURLをコピーしました