▶ビットコイン自動積立プログラム「note」で販売中!

ユニオンバンク「オンライン登録」の手順を解説【10分で出来る】

ユニオンバンクオンライン登録海外送金

こんにちは、ノマド家族のぱぱぞん(@nomadkazoku)です。

現在我が家は、マレーシア移住を目指し、S-MM2Hビザの取得をすすめています。

海外居住者となってしまうと、日本の銀行や証券会社が利用できなくなると知り、居住国によらず無料(条件付き)で口座維持ができるアメリカの銀行口座(ユニオンバンク)と証券口座(Firstrade証券)を口座開設しました。

関連記事
>> 日本にいながらアメリカに銀行口座開設は不可能?たった1つの抜け道
>> 米国ネット証券会社「Firstrade」口座開設方法【15分で完了】

口座開設後、たくさん資料が届くのですが、具体的なオンライン登録の手順がわからなかったため、画像つきでわかりやすくまとめてみました。

10分ほどの作業で終わるので、ぜひ早めに登録をしておきましょう!

※ちなみに口座開設後、60日以内の入金がないと口座は解約されてしまうのでご注意ください

ユニオンバンク口座開設後にスグにやらねばマズイ入金作業【計30分】
ユニオンバンクの口座を開設したばかりの人必見!この記事では、ユニオンバンク口座開設後の初期設定について解説します。実は、海外の多くの銀行では口座維持に手数料が取られてしまいます。この記事を読めば、余計な手数料を支払わなくてすむ設定ができます。

せっかくアメリカで口座開設をしても、オンライン登録をしなければ使い物になりません!
必要な資料の準備ができ次第、スグにオンライン登録をしておきましょう!

ユニオンバンク「オンライン登録」の手順

オンライン登録に必要なステップは、郵送物の受取と公式サイトでの新規登録2つだけ。早速解説していきます。

郵送物の受取

ユニオンバンク申込書を郵送し、特に問題がなければ、下記の書類がパラパラと送られてきます。

約1週後|①口座開設完了のご連絡
約2週後|②暗証番号(PIN)& 顧客アクセス番号
約2週後|③ATMカード
約2週後|④ウェルカムキット

①の書類で口座番号が把握できるので、一応口座への入金はできるのですが、オンラインバンクを開設しないと入金確認ができないため、入金だけしてもあまり意味がありません。

一旦、②が届くまで待ちましょう。

②が届いたら、早速オンラインバンクを開設します。

公式サイトでの新規登録

STEP-1
ユニオンバンクにアクセスし、
Enroll now をクリック
https://www.unionbank.com/

STEP-2
「Debit/ATM PIN」
を開き、
登録に必要な情報を入力

STEP-3
利用規約
を読んで同意

たくさんあるので、予め選んでおいたほうが良いかも^^;

STEP-4
「秘密の質問」候補の中から3つ選択

STEP-5
4で選んだ「秘密の質問」の回答を入力

STEP-6
アカウント情報
を入力

以上で、ユニオンバンクのオンライン登録は完了です。
完了後、トップページからログインのテストをしておきましょう。

※ログインには、先程入力したID、PASSWORD、秘密の質問の入力が必要です。

オンライン登録後、スグにやっておきたい事

オンライン登録をすると、口座の残高が見れるようになるので、すぐに口座に入金をしましょう!

なぜかというと、、、

  1. 60日以内に入金しないと口座は解約されます
  2. 最低残高に満たない場合、口座維持手数料(月4〜14ドル)を取られます

送られてくる資料では、三菱UFJ銀行からの海外送金がおすすめされていますが、手数料が高いです。

少額(100万円以内)の海外送金なら、Wise (旧:TransferWise)が断然オススメです!

海外移住者に評判の海外送金Wise(旧:TransferWise)とは?"安い・簡単・早い"で断然オススメ!
マレーシア移住の準備のため、毎月せっせこ海外送金を繰り返すノマド家族の資産管理担当のぱぱぞん(@nomadkazoku)です。日本の銀行や証券口座は、海外移住すると「ほぼ凍結される」という事実に衝撃を受け、居住地に関係なく資産を保有できる...

余裕があれば、プラス1分でステートメント(明細書)のオンライン化設定もやっておきましょう!

ユニオンバンクのステートメント(明細書)を郵送→オンラインに設定
ユニオンバンクの銀行明細をオンライン(WEBサイト)で受け取りたい人必見!この記事では、取引明細の郵送からPDFダウンロードに変更する方法を解説。実は、簡単な作業でとっても便利&エコな設定に変更できるんです!

ではまた!

タイトルとURLをコピーしました