ユニオンバンク「オンライン登録」の手順を解説【10分で出来る】

ユニオンバンクオンライン登録ユニオンバンク

こんにちは、年越しはマレーシアの屋台で激辛麺を食べて来たノマド家族のぱぱぞん(@nomadkazoku)です。

海外移住にあたり、居住地に関係なく使える金融機関に資産を移動するため、アメリカのユニオンバンクに口座開設しました。

ユニオンバンク口座開設するためのたった一つの条件【三菱UFJ銀行】
「英語で海外に銀行口座開設なんてめんどくさそうだな」と思っていた所、日本語で、簡単に、しかも無料でアメリカの銀行口座開設ができるサービスを発見しました。

口座開設後、たくさん資料が届くのですが、具体的なオンライン登録の手順がわからなかったため、画像つきでわかりやすくまとめてみました。

10分ほどの作業で終わるので、ぜひ早めに登録をしておきましょう!

※ちなみに口座開設後、60日以内の入金がないと口座は解約されてしまうのでご注意ください

ユニオンバンク口座開設後にスグにやらねばマズイ入金作業【計30分】
ユニオンバンク口座開設後に届く「ウェルカムキット」では、基本的に三菱UFJ銀行を利用して、60日以内に口座に入金するように記載があります。しかし、メインバンク経由の海外送金の手数料が高いので、私は別の方法で海外送金を行いました。

せっかくアメリカに口座開設をしても、オンライン登録をしなければ使い物になりません!必要な資料の準備ができ次第、スグにオンライン登録をしてしまいましょう!

ユニオンバンク「オンライン登録」の手順

オンライン登録に必要なステップは、郵送物の受取公式サイトでの新規登録の2つだけ。早速解説していきます。

郵送物の受取

ユニオンバンク申込書を郵送し、特に問題がなければ、下記の書類がパラパラと送られてきます。

  • 【約1週間後】①口座開設完了のご連絡
  • 【約2週間後】②暗証番号(PIN)& 顧客アクセス番号
  • 【約2週間後】③ATMカード
  • 【約2週間後】④ウェルカムキット

①の書類で口座番号が把握できるので、一応口座への入金はできるのですが、オンラインバンクを開設しないと入金確認ができないため、②が届くまで一旦待ちましょう。

②が届いたら、早速オンラインバンクを開設します。

公式サイトでの新規登録

STEP-1
ユニオンバンクにアクセスし、Enroll now をクリック
https://www.unionbank.com/


STEP-2
「Debit/ATM PIN」を開き、登録に必要な情報を入力


STEP-3
利用規約を読んで同意


STEP-4
「秘密の質問」候補の中から3つ選択

たくさんあるので、予め選んでおいたほうが良いかも^^;


STEP-5
4で選んだ「秘密の質問」の回答を入力


STEP-6
アカウント情報を入力

以上で、ユニオンバンクのオンライン登録は完了です。完了後、トップページからログインのテストをしておきましょう。

※ログインには、先程入力したID、PASSWORD、秘密の質問の入力が必要です。

オンライン登録後、スグにやっておきたい事

オンライン登録をすると、口座の残高が見れるようになるので、すぐに口座に入金をしましょう!

なぜかというと、、、

  1. 60日以内に入金しないと口座は解約されます
  2. 最低残高に満たない場合、口座維持手数料(月4〜14ドル)を取られます

送られてくる資料には、三菱UFJ銀行からの海外送金がおすすめされていますが、手数料が高いです。

少額(100万円以内)の海外送金なら、トランスファーワイズが断然オススメです!

ネットで評判TransferWise(トランスファーワイズ)とは?海外送金が"安い・簡単・早い"で断然オススメ!
トランスファーワイズはなぜ安い?ずばり、安さの秘訣は「海外送金しない」こと。送金国と受取国、2ヶ国で"国内送金"することで、全体の送金コストを削減しています。

余裕があれば、プラス1分でステートメント(明細書)のオンライン化設定もやっておきましょう!

ユニオンバンクのステートメント(明細書)を郵送→オンラインに設定
アメリカで主流のACH送金には、銀行口座のバンクステートメント(明細書)が必要になります。本日は、ユニオンバンクの初期設定の続きとして、ステートメント(明細書)設定について解説したいと思います。

タイトルとURLをコピーしました