ゲーム&eスポーツETF比較【ESPO/HERO/BETZ/BJK/NERD】おすすめ米国ETF

ゲーム&eスポーツETF比較【ESPO/HERO/BETZ/BJK/NERD】おすすめ米国ETF米国ETF

こんにちは。”国体で初開催”となったeスポーツ大会が茨城県で行われたことを、密かに誇りに思う茨城県民のぱぱぞん(@nomadkazoku)です。

国体で初開催となったeスポーツ 奇跡の偉業を、なぜ茨城県は実現できたのか?

来年のオリンピック開催も危ぶまれ、ステイホーム中のオリンピック選手たちもこぞってeスポーツの配信をはじめました。

アフターコロナの世界では、スポーツ観戦もままならない状況となる可能性も高く、ゲーム市場はプロスポーツ市場のシェアをごっそり奪い取る可能性を秘めています。

そこで「ゲーム&eスポーツ」への投資をすべく、関連ETFを探してみた所、現時点で5本ほどありました。今回はその5本を深堀りして紹介したいと思います。

※本記事は2020年8月時点での情報です。

米国で人気のゲーム&eスポーツETF5本を比較

まずは5つのゲーム&eスポーツETFの主要スペックをざっくり比較してみます。

シンボル純資産
総額
平均
出来高
銘柄数経費率分配金
利回り
3カ月平均
リターン
設立直近6カ月
資金流入
ESPO$409.2M$9.4M260.55%0.14%31.32%18年10月251.5 M
HERO$217.2M$3.7M410.50%-%34.85%19年10月164.6 M
BETZ$87.7M$5.6M390.75%-%-%20年6月-7.9 M
BJK$48.6M$1.1M420.66%3.27%20.58%08年1月22.1 M
NERD$38.7M$1.0M320.25%0.20%44.63%19年6月18.0 M
2020年8月時点

仕方ないことですが、5本中4本は設立2年以内のETFとなっており、いずれも純資産総額や平均出来高もまだまだ小さな規模です。設立後間もないため、長期リターン計測しにくいのですが、直近3カ月だけでも20%〜44%とその差は大きいです。

各ETFの構成銘柄の上位5銘柄は以下の通りです。

銘柄名ESPOHEROBETZBJKNERD
Advanced Micro Devices IncUS8.53%
Nvidia CorpUS8.28%6.23%
Tencent Holdings LtdHK8.00%5.78%
Nintendo Co LtdJapan6.24%5.91%
Activision Blizzard IncUS5.63%5.78%5.58%
SEA LTD-ADRSingapore6.47%
NETEASE INC-ADRHK5.77%
WILLIAM HILL PLCBritain5.68%
KINDRED GROUP PLCMalta5.63%
FLUTTER ENTERTAINMENT PLCIreland5.33%8.99%
POINTSBET HOLDINGS LTDAustralia5.12%
PENN NATIONAL GAMING INCUS5.07%
Las Vegas Sands CorpUS7.55%
Galaxy Entertainment Group LtdHK7.38%
Aristocrat Leisure LtdAustralia6.65%
Sands China LtdHK5.82%
MODERN TIMES GROUP MTG ABSweden7.13%
DOUYU INTERNATIONALChina6.88%
HUYA INCChina6.42%
2020年8月時点

米国ETFで日本の企業を発見すると嬉しいですね〜、頑張れ任天堂!
しかし、ほとんどの銘柄に重複がないので、各ETFの構成銘柄をよく見る必要がありそうです。

ゲーム&eスポーツETF「ESPO」VanEck Vectors Video Gaming and eSports ETF

シンボル純資産
総額
平均
出来高
銘柄数経費率分配金
利回り
3カ月平均
リターン
設立直近6カ月
資金流入
ESPO$409.2M$9.4M260.55%0.14%31.32%18年10月251.5 M
2020年8月時点

「ESPO」は、金鉱株ETF「GDX」を運用するVanEckのETFです。設立後約2年で、現在、純資産総額・平均出来高ともにゲームETFの中ではトップです。銘柄数は少なめですが、5本の中では最も安定感のあるETFでしょう。

26銘柄中上位10銘柄の構成比率が約61%と半分以上を占めています。

Ticker銘柄名保有比率
(%)
AMDAdvanced Micro Devices Inc8.53%
NvidiaNvidia Corp8.28%
700Tencent Holdings Ltd8.00%
7974Nintendo Co Ltd6.24%
ActivisionActivision Blizzard Inc5.63%
SeaSea Ltd5.25%
EMBRACBElectronic Arts Inc5.23%
NeteaseNetease Inc4.73%
Take-TwoTake-Two Interactive Software Inc4.67%
BilibiliBilibili Inc4.40%
その他39.1%

半導体、インターネット、ゲームソフトなど、ゲーム業界の中でも幅広い分野の企業ををカバーしています。

公式サイト)https://www.vaneck.com/etf/equity/espo/overview/

ゲーム&eスポーツETF「HERO」Global X Video Games & Esports ETF

シンボル純資産
総額
平均
出来高
銘柄数経費率分配金
利回り
3カ月平均
リターン
設立直近6カ月
資金流入
HERO$217.2M$3.7M410.50%-%34.85%19年10月164.6 M
2020年8月時点

「HERO」は「BOTS」や「CLOU」といった特化型ETFを数多く運用するGlobal Xが運用するETFです。現在、ゲーム関連ETFの2番手としてもうピッチで「ESPO」を追い上げています。

「ESPO」と比較して経費率が0.05%低く、構成銘柄は41銘柄中上位10銘柄の構成比率が約54%と分散性はやや高くなっています。

Ticker銘柄名保有比率
(%)
SESEA LTD-ADR6.47%
NVDANVIDIA CORP6.24%
7974NINTENDO CO LTD5.91%
ATVIACTIVISION BLIZZARD INC5.78%
NTESNETEASE INC-ADR5.78%
EAELECTRONIC ARTS INC5.63%
TTWOTAKE-TWO INTERAC4.66%
3659NEXON CO LTD4.46%
UBIUBISOFT ENTERTAINMENT4.35%
9697CAPCOM CO LTD4.26%
その他46.47%


念の為、ETFの構成内容を比較するツール「Fund Overlap」を使って、親:ESPO↔子:HEROで重複率を調べてみました。

ゲーム&eスポーツETF「HERO」Global X Video Games & Esports ETFと「ESPO」を比較する
引用:Fund Overlap

重複率は7割弱とかなり高いですが、中国系企業の割合を見ると「HERO(11.8%)」「ESPO(5.6%)」と約2倍の差があったので、このあたりを比較材料にすると良いかもしれません。

ゲーム&eスポーツETF「BETZ」Roundhill Sports Betting & iGaming ETF

シンボル純資産
総額
平均
出来高
銘柄数経費率分配金
利回り
3カ月平均
リターン
設立直近6カ月
資金流入
BETZ$87.7M$5.6M390.75%-%-%20年6月-7.9 M
2020年8月時点

「BETZ」はその名の通り、賭博(Bet)に関連するスポーツ賭博やiGaming(オンラインギャンブル)の企業をまとめたETFです。今年の6月にできたてほやほやETFですが、経費率が最も高く資金も流出中のかなり危ういETFです^^;

銘柄数は39銘柄中上位10銘柄の割合が約49%となっています。

Ticker銘柄名保有比率
(%)
WMH LNWILLIAM HILL PLC5.68%
KINDSDB SSKINDRED GROUP PLC5.63%
FLTR LNFLUTTER ENTERTAINMENT PLC5.33%
PBH AUPOINTSBET HOLDINGS LTD5.12%
PENNPENN NATIONAL GAMING INC5.07%
DKNGDRAFTKINGS INC4.90%
GVC LNGVC HOLDINGS PLC4.56%
GANGAN LTD4.33%
SGMSSCIENTIFIC GAMES CORP4.20%
CHDNCHURCHILL DOWNS INC4.08%
その他51.09%

念の為「Fund Overlap」を使って、親:ESPO↔子:BETZで重複率を調べてみました。

ゲーム&eスポーツETF「BETZ」Roundhill Sports Betting & iGaming ETFを「ESPO」と比較する
引用:Fund Overlap

当然ながら重複率は0%で「BETZ」の業種は100%以上(?)が金融派生サービス(ギャンブル関連)となっています。

ゲーム&eスポーツETF「BJK」VanEck Vectors Gaming ETF

シンボル純資産
総額
平均
出来高
銘柄数経費率分配金
利回り
3カ月平均
リターン
設立直近6カ月
資金流入
BJK$48.6M$1.1M420.66%3.27%20.58%08年1月22.1 M
2020年8月時点

「BJK」も「BETZ」同様、メインはカジノ関連に投資するためのETFです。運用会社は「ESPO」同様、VanEckです。唯一まともな分配金を出していますが、直近3カ月リターンは最低となっています。

歴史は意外と古く10年以上の歴史がありますが、現在の価格は最高値から-25%ほどで推移しています。42銘柄で構成されており、上位10銘柄の比率は約67%とやや高めです。

Ticker銘柄名保有比率
(%)
FlutterFlutter Entertainment Plc8.99%
LVSLas Vegas Sands Corp7.55%
279Galaxy Entertainment Group Ltd7.38%
ALLAristocrat Leisure Ltd6.65%
1928Sands China Ltd5.82%
ViciVici Properties Inc4.82%
DKNGDraftkings Inc4.66%
MGMMgm Resorts International4.16%
EvolutionEvolution Gaming Group Ab3.41%
GLPIGaming And Leisure Properties Inc3.34%
その他43.23%

日本企業ではパチンコ会社の「セガサミーホールディングス(1.25%)」や「株式会社三共(0.72%)」なども保有銘柄に含まれています。

こちらは同じくカジノ関連ETF同士、親:BETZ↔子:BJKで重複率を調べてみました。

ゲーム&eスポーツETF「BJK」VanEck Vectors Gaming ETFを「BETZ」と比較する
引用:Fund Overlap

米国のスポーツくじやラスベガスのリゾート運営会社など、1/3程度の重複があるようです。
コロナ後の状況を考えるとTech(技術)が多く、Real Estate(不動産)が少ない「BETZ」の方が有望な気はしますが、歴史が短いのでもう少し様子を見たい商品です。

ゲーム&eスポーツETF「NERD」Roundhill BITKRAFT Esports & Digital Entertainment ETF

シンボル純資産
総額
平均
出来高
銘柄数経費率分配金
利回り
3カ月平均
リターン
設立直近6カ月
資金流入
NERD$38.7M$1.0M320.25%0.20%44.63%19年6月18.0 M
2020年8月時点

「NERD」は「BETZ」同様、Roundhillが運用するETFです。eスポーツやデジタルエンタテイメント業界に特化し、直近3ヶ月のリターンは44.6%と5本中で圧倒的な数値を叩き出しています。経費率も他の半分程度に抑えられており、最も期待値の高いETFをです。

32銘柄で構成されており、上位10銘柄の比率は約54%です。

Ticker銘柄名保有比率
(%)
MTGB SSMODERN TIMES GROUP MTG AB7.13%
DOYUDOUYU INTERNATIONAL6.88%
HUYAHUYA INC6.42%
700 HKTENCENT HOLDINGS LTD5.78%
ATVIACTIVISION BLIZZARD INC5.58%
041140 KSNEXON GT CO LTD4.85%
TTWOTAKE-TWO INTERACTIVE SOFTWRE4.20%
SESEA LTD4.19%
HEARTURTLE BEACH CORP4.15%
NTESNETEASE INC-ADR3.93%
その他46.86%

保有比率1位の「MODERN TIMES GROUP」は、スウェーデンの世界的なeスポーツトーナメントオーガナイザーとして、Fortniteの国際大会などを主催しているそうです。保有比率2位の「DOUYU INTERNATIONAL」は、中国のゲーム中心のライブストリーミングプラットフォーム(※Apple ArcadeGoogle Stadiaみたいな感じ?)などなど、ゲーム好きにとって魅力的な会社が盛りだくさん含まれています。

こちらは、親:ESPO↔子:NERDで重複率を調べてみました。

ゲーム&eスポーツETF「NERD」Roundhill BITKRAFT Esports & Digital Entertainment ETFを「ESPO」と比較する
引用:Fund Overlap
ゲーム&eスポーツETF「NERD」Roundhill BITKRAFT Esports & Digital Entertainment ETFを「ESPO」と比較する

重複率は43%と半分弱の重複があります。重複のない企業を並べてみると「ESPO」は、ハードやソフト関連の企業が多いのに対し「NERD」は、プラットフォーム的な企業が多数含まれています。

日本企業にも頑張って欲しいけど、利益率を考えるとプラットフォームが優位かな…。

ゲーム&eスポーツETFの購入方法

ご紹介した5つのゲーム&eスポーツETFのうち「HERO」はSBI証券、マネックス証券での取り扱いがあるようです。

シンボルFirstrade楽天証券SBI証券マネックス
証券
DMM 株
ESPO
HERO
BETZ
BJK
NERD
ETF取扱数2,200以上約300約300約350以上88

その他のETFを購入したい場合は、米国市場のETFが全て購入可能なFirstrade証券の口座開設をご検討ください。

ただし、米国の証券会社では、特定口座やNISA口座等に対応していないため、配当金や売買益に対して、日本国内で確定申告が必要となりますのでご留意ください。

比較の結果 ゲーム&eスポーツETF「NERD」購入

以上「米国で人気のゲーム&eスポーツETF5本」を比較してみました。

来年のオリンピックの時期までの中期投資として「NERD」を保有してみたいと思います。

値上がりしすぎて買いにくいですが、、、ひとまず少量購入してみます。

ではまた!

金ETF【GLD/IAU/GLDM/SGOL】

ポートフォリオの安全資産として、金を保有したいなら王道の金ETFがオススメです!

他にも魅力的な「米国ETF」を比較しています!

タイトルとURLをコピーしました