▶ビットコイン自動積立プログラム「note」で販売中!

インフレに強い資産!素材セクターETF比較【XLB/VAW/IYM/MXI】おすすめ米国ETF

インフレに強い資産!素材セクターETF比較【XLB/VAW/IYM/MXI】おすすめ米国ETF米国ETF

こんにちは。ぱぱぞん(@nomadkazoku)です。

2022年1月現在、インフレ高止まりによる利上げにより、株安が懸念されています。

しかし、今後の利上げや供給量の安定で、実物資産の価格が下がれば、実物資産を多く取り扱う素材セクターのETFをお得に買うことができそうです。

長期的には、現金の価値は下がり、物価は上昇傾向になるはずなので、インフレ対策として、素材セクター株をまるっと保有しておきたいと思います。

そこで今回は、米国で人気の「素材セクターETF4本」を比較・検討してみたいと思います。

※本記事は2022年1月時点での情報です。

インフレに強い資産!素材セクターETF4本を比較

まずは実物資産(素材セクター)関連の企業株をまとめた4つのETFの主要スペックを資産総額順に並べて比較してみましょう。

銘柄名資産
総額
月平均
出来高
銘柄数経費率分配金
利回り
5年平均
成長率
5年最大
下落率
シャープ
レシオ
直近半年
資金流入
XLB8.5B5.8M290.12%1.55%15.3% -26.2%0.82-1.1B
VAW4.2B90K1190.10%1.45%15.2% -29.0%0.79253M
IYM748M66K390.43%1.28%14.1% -31.9%0.72-0.5B
MXI633M30K1030.43%1.86%15.1% -28.5% 0.82-383M
2022年1月時点

※成長率、下落率、シャープレシオは、PortfolioVisualizer 参照。

ダントツ1位は1998年に設定され23年の歴史を持つ老舗ETF「XLB」です、は、経費率こそ2番手「VAW」の2割増しですが、成長率・下落率ともに優秀な成績を収めています。

「IYM」と「MXI」はともにiSharesブランドの素材セクターETFですが「米国限定」か「国際分散」かでテーマが分かれています。

それでは、各ETFについて深堀りしてみたいと思います。

XLB|Materials Select Sector SPDR Fund

銘柄名資産
総額
月平均
出来高
銘柄数経費率分配金
利回り
5年平均
成長率
5年最大
下落率
シャープ
レシオ
直近半年
資金流入
XLB8.5B5.8M290.12%1.55%15.3% -26.2%0.82-1.1B
2022年1月時点

「XLB」は、米3大資産運用会社の1つState Streetが運用するETFです。天然資源の生産に携わる米国株式を通じ、商品価格との連動を目的とした投資に利用できます。

20年以上の運用と圧倒的な取引量で、長期的にも短期的にも大きな実績がありますが、直近6ヶ月間では資金流出しているように見えますが、年初の直近1週間では+500Mの資金が流入しています。

構成銘柄は29銘柄と少なく、上位10銘柄の構成比率が約63%となっており、分散性は低めです。

NameSymbol比率
(%)
Linde PLCLIN.L15.9%
Sherwin-Williams CoSHW6.9%
Air Products
& Chemicals Inc
APD6.74%
Freeport-McMoRan IncFCX5.75%
Ecolab IncECL5.42%
Newmont CorpNEM5.37%
DuPont de Nemours IncDD4.42%
Dow IncDOW4.37%
PPG Industries IncPPG4.32%
International Flavors
& Fragrances Inc
IFF3.99%
その他36.8%
2022年1月時点

ピックアップ
保有比率第4位の「Freeport-McMoRan Inc(FCX)」は、銅・モリブデン生産における最大級の企業。コロナ後の銅と金の価格上昇に伴う売上増加でキャッシュフローを大きく改善し、最大700%の株価上昇を達成しています。

VAW|Vanguard Materials ETF

銘柄名資産
総額
月平均
出来高
銘柄数経費率分配金
利回り
5年平均
成長率
5年最大
下落率
シャープ
レシオ
直近半年
資金流入
VAW4.2B90K1190.10%1.45%15.2% -29.0%0.79253M
2022年1月時点

「VAW」は、おなじみVanguard社が運用する米国素材セクターETFです。「XLB」と比較し、経費率が低く、銘柄数が多い点がメリットで、運用成績もほぼ同等です。

直近半年では、素材セクターの中で唯一資金がプラス流入しています。

構成119銘柄中、上位10銘柄の構成比率が約49%と幅広く分散されています。

NameSymbol比率
(%)
Linde PLCLIN.L12.2%
Sherwin-Williams CoSHW5.6%
Air Products
& Chemicals Inc
APD5.13%
Freeport-McMoRan IncFCX4.36%
Ecolab IncECL4.26%
Newmont CorpNEM4.09%
Dow IncDOW3.79%
DuPont de Nemours IncDD3.36%
PPG Industries IncPPG3.24%
International Flavors
& Fragrances Inc
IFF2.99%
その他51.0%
2022年1月時点

ピックアップ
保有比率第8位の「DuPont de Nemours Inc(DD)」は、アメリカの3大財閥のひとつと称される化学会社。世界大戦では火薬や爆弾で利益を得る「死の商人」と呼ばれました。コロナ後の経済回復に伴い、大きな利益を得ることで株価は160%上昇しています。

VAW v.s. XLB 重複率

引用:Fund Overlap

セクターの分布はほぼ一致していますが「VAW」の保有銘柄が多い分、資金の重複率は22%ほどの差があります。

IYM|iShares U.S. Basic Materials ETF

銘柄名資産
総額
月平均
出来高
銘柄数経費率分配金
利回り
5年平均
成長率
5年最大
下落率
シャープ
レシオ
直近半年
資金流入
IYM748M66K390.43%1.28%14.1% -31.9%0.72-0.5B
2022年1月時点

「IYM」は、運用会社最王手BlackrockiShareブランドの米国素材セクターETFです。

後発ながら、経費率も高く、運用成績もイマイチなので、もはや存在意義が疑われる商品です^^;

構成39銘柄のうち、上位10銘柄の構成比率が約69%とかなり集中しています。

NameSymbol比率
(%)
Linde PLCLIN.L19.2%
Air Products
& Chemicals Inc
APD7.73%
Freeport-McMoRan IncFCX6.70%
Ecolab IncECL6.60%
Newmont CorpNEM6.05%
Dow IncDOW4.83%
DuPont de Nemours IncDD4.80%
PPG Industries IncPPG4.66%
International Flavors
& Fragrances Inc
IFF4.51%
Corteva IncCTVA3.80%
その他31.2%

IYM v.s. XLB 重複率

引用:Fund Overlap

MXI|iShares Global Materials ETF

銘柄名資産
総額
月平均
出来高
銘柄数経費率分配金
利回り
5年平均
成長率
5年最大
下落率
シャープ
レシオ
直近半年
資金流入
MXI633M30K1030.43%1.86%15.1% -28.5% 0.82-383M
2022年1月時点

「MXI」は、前述の「IYM」の姉妹商品で、国際的な素材セクター企業に投資するためのETFです。

米国比率は40%弱で、イギリス・日本・オーストラリア・カナダ・スイス・ドイツなど、幅広い地域の企業に分散されており、分配金の利回りが高めであることが特徴です。

構成103銘柄のうち、上位10銘柄の構成比率が約32%で企業のバリエーションも豊富です。

NameSymbol比率
(%)
Linde PLCLIN.L5.9%
BHP Group LtdBHP.AX4.3%
Rio Tinto PLCRIO.L3.38%
Air Liquide SAAI.PA3.04%
Vale SA ADRVALE.SA2.67%
Basf SEBAS.DE2.66%
Sherwin-Williams CoSHW2.58%
BHP Group PLCBHP.L2.52%
Air Products
& Chemicals Inc
APD2.38%
Shin-Etsu Chemical
Co Ltd
40632.37%
その他68.2%

ピックアップ
保有比率第10位の「Shin-Etsu Chemical Co Ltd(4063)」は、ずばり長野発の日本企業です。売上の7割が海外企業だし、そもそも素材メーカーなので一般的な知名度は高くないものの、塩化ビニール樹脂を始めとした複数の素材で世界トップシェアを確立しており、コロナ以降120%の株価上昇をしています。

MXI v.s. XLB 重複率

引用:Fund Overlap

米国比率が40%ということなので、その他60%は重複なく国際的な分散効果が期待できます!

実物資産(素材セクター)関連ETFの購入方法

「IYM」以外なら国内証券会社で購入可能です。

シンボルFirstrade楽天証券SBI証券DMM 株
XLB
VAW
IYM
MXI
米国ETF
取扱数
全銘柄
(2千以上)
約360本約340本138本

結論 次の下落タイミングで「VAW」買うぞ!

以上実物資産(素材セクター)関連ETF4本」を比較してみました。

現状、バリバリ最高値更新中で手が出しにくい状況なので、もう少し様子を見てから、少しずつ積み立てを開始したいと思います。

「VAW」を選んだ理由
 ◯ 経費率が低い
 ◯ 割安な中小型株保有率が高め(約27%)

まだしばらくは物価は高止まりしそうだし、早めに少しだけでも買っておうかな。。。

ではまた!

金ETF比較【GLD/IAU/GLDM/SGOL】

実物資産の大本命はやはりゴールド!今なら絶賛値下がり中!※2022年1月現在

他にも魅力的な「業種別ETF」を比較しています!

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました