▶ビットコイン自動積立プログラム「note」で販売中!

ゴールドETF比較【GLD/IAU/GLDM/SGOL】おすすめ米国ETF

金ETF比較【GLD/IAU/GLDM/SGOL】おすすめ米国ETF米国ETF

こんにちは。ノマド家族のぱぱぞん(@nomadkazoku)です。

金の埋蔵量があと10年で枯渇するとの噂を聞き、売買手数料無料の米国証券会社Firstradeで金の積立を始めることにしました。

現在50mプール約4杯分が採掘され、残りは1杯分と想定されていますが、その大部分は採掘が困難な場所にあると言われています。

確実性ならば、純金積立金地金などの現物を持つのが良さそうですが、現物の保管がめんどうそうですし、購入手数料も高いので、僕は米国ETFを利用したいと考えました。

金関連ETFは米国では16本ほどあり、その中でも人気(純資産総額)の高い4本のETFに絞って、比較してみます。

この記事を読んで、あなたに最適な金ETFが見つかれば、これ幸いです。

※本記事は2022年5月時点での情報です。

米国で人気の金ETF4本を比較

金を買うETF_GLD-IAU-GLDM

まずは各ETFの主要スペックをざっくり比較してみます。

銘柄名資産
総額
月平均
出来高
経費率5年平均
成長率
5年最大
下落率
シャープ
レシオ
直近半年
資金流入
GLD62.4B1.84B0.40%12.0%-13.7%0.805.5B
IAU30.6B469M0.25%12.2%-13.8%0.811.5B
GLDM5.1B82M0.18%12.2%-13.7%0.81約0.8B※
SGOL2.7B41M0.17%12.3%-13.6%0.81244M
2022年5月更新

※「GLDM」の流入量は、株式併合の影響で誤差がある可能性があります。ご了承下さい。

GLD/IAU/GLDMの主な違い

「GLD」は、短期投資家向け
購入単価が大きく(金価格の1/10程度)トレードする際の1株あたりの取引手数料率が低くなり、高い流動性で指値注文も成立しやすいため、短期取引に適しています。

一方「GLDM」は、長期投資家向け
購入単価が「GLD」の1/5(金価格の1/50程度)で、個人投資家でも少額で購入しやすく経費率が低いので長期積立に適しています。

2022年2月23日に「GLDM」の株式併合が行われ、数が半減、価格が2倍となりました。つまり購入単価は金価格の1/1001/50に調整。 これにより「1株あたりの取引手数料」も半分となり、短期と長期を兼ねた"中期的取引"のニーズもカバーできそうです。

「IAU」も購入単価は「GLDM」と同程度で、流動性もあり経費率も低めなのでその中間的な商品として使えそうです。

短期/長期特徴GLDIAUGLDMSGOL
短期取引購入単価が高い
→ 売買手数料"率"が低い
短期取引流動性が高い
→ 指値で売買成立しやすい
長期積立購入単価が低い
→ 少額で購入しやすい
長期積立経費率が低い
→ 長期保有しやすい

GLD【株価チャート】スパイダー社 ゴールド ETF

GLD純資産
総額
平均
出来高
経費率5年平均
成長率
5年最大
下落率
シャープ
レシオ
6ヶ月
資金流入
2022/0562.4B1,840M0.40%12.0%-13.7%0.805.5B
2021/1257.0B1,090M0.40%11.3%-13.7%--2.81B
2020/1078.0B2,390M0.40%10.5%-10.1%-17.2 B

「GLD(SPDR Gold Trust)」は、全米のETF(約2,300本)の中で純資産総額で15位(2022年5月)の人気商品です。

金現物の裏付けがあり、現時点での残高は1,160トン。これは世界の金ETFの約1/3に相当します。安心感はありますが、他のETFと比較し経費率が高く、長期的にリターンが若干劣るのがネックです。

IAU【株価チャート】iShares ゴールド ETF

IAU純資産
総額
平均
出来高
経費率5年平均
成長率
5年最大
下落率
シャープ
レシオ
6ヶ月
資金流入
2022/0530.6B469M0.25%12.2%-13.8%0.811.5B
2021/1228.7B352M0.25%11.4%-13.8%--0.15B
2020/1031.9B486M0.25%10.7%-10.1%-7.6 B

「IAU(iShares Gold Trust)」は「GLD」に次ぐ、2番手の金ETFです。「GLD」と比較し経費率が約4割ほど安く抑えられており、流動性もそれなりに確保されています。

GLDM【株価チャート】スパイダー社 少額ゴールド ETF

GLDM純資産
総額
平均
出来高
経費率5年平均
成長率
5年最大
下落率
シャープ
レシオ
6ヶ月
資金流入
2022/055.1B82M0.18%12.2%-13.7%0.81約0.8B
2021/124.3B43M0.18%11.5%-13.7%--75.5M
2020/103.7B50M0.18%21.5%-10.0%-1.7 B
※2021年12月上旬更新

「GLDM(SPDR Gold MiniShares Trust)」は「GLD」と同じシリーズの弟分的存在

「IAU」とのコスト競争で2018年に登場した、小口化&低コスト化された新商品で、経費率は0.18%「GLD」から65%OFFの圧倒的にコストが削減されています。

2018年設立し、純資産総額は「GLD」の約8%ほどまで追い上げています。
平均出来高がかなり低く、短期取引には向きません

SGOL【株価チャート】アバディーン社 金地金価格連動 ETF

SGOL純資産
総額
平均
出来高
経費率5年平均
成長率
5年最大
下落率
シャープ
レシオ
6ヶ月
資金流入
2022/052.7B41M0.17%12.3%-13.6%0.81244M
2021/12$2.4B15M0.17%11.5%-13.6%--8.7M
2020/10$2.7B58M0.17%10.6%-10.0%-0.9 B
※2021年12月上旬更新

「SGOL(Aberdeen Standard Physical Gold Shares ETF)」は、経費率0.17%4商品の中で最安です。

もともとは「GLD」より0.01%低い0.39%に設定されていましたが「GLDM」の登場に合わせてまたも0.01%低い経費率に値下げをしたものの、残念ながら逆転には至れていないようです。

高橋ダンさんも金を激推し!

金ETF【GLD/IAU/GLDM/SGOL】の購入方法

米国で人気の金ETF4本を比較【GLD/IAU/GLDM/SGOL】

ご紹介した4つの金ETFのうち3つは国内の大手証券会社でも取り扱いがあるようです。

シンボルFirstrade楽天証券SBI証券DMM 株
GLD
IAU
GLDM
SGOL---
DMM 株 なら売買手数料無料! 楽天証券 ならGLDMの買付手数料無料!

結論 経費率を押さえた「GLDM」を購入!

以上「米国で人気の金ETF4本」を比較してみました。

ちなみに私は長期積立が目的なので、売買手数料無料のFirstrade証券にて「GLDM」をコツコツ少額で積立ることにしました。

ではまた!

金鉱株ETF【GDX/GDXJ/RING/SGDM】

金上昇にミドルリスク・ミドルリターンを求めるなら、金鉱株投資もおすすめです!

貴金属ETF(銀・プラチナ・パラジウム)【SLV/SIVR/PPLT/PALL/GLTR】

他にも魅力的な「米国ETF」を比較しています!

10円分の金を手数料1.5%で買う方法「Revolut」の金取引

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました