金ETF比較【GLD/IAU/GLDM/SGOL】おすすめ米国ETF

米国ETF比較|金ETF【GLD/IAU/GLDM/SGOL】 米国ETF

こんにちは。ノマド家族のぱぱぞん(@nomadkazoku)です。

金の埋蔵量があと10年で枯渇するとの噂を聞き、そそくさとFirstradeで金の積立を始めることにしました。

現在50mプール約4杯分が採掘され、残りは1杯分と想定されていますが、その大部分は採掘が困難な場所にあると言われています。

確実性ならば、純金積立や金地金など現物を持つのが良さそうですが、手間がかかりそうですし、手数料も安いので僕は米国ETFを利用したいと考えました。

金関連ETFは米国では16本ほどあり、その中でも人気(純資産総額)の高い4本のETFに絞って、比較してみます。

この記事を読んで、あなたに最適な金ETFが見つかればこれ幸いです。

※本記事は2020年10月時点での情報です。

米国で人気の金ETF4本を比較

金を買うETF_GLD-IAU-GLDM

まずは各ETFの主要スペックをざっくり比較してみます。

シンボルブランド純資産
総額
平均
出来高
経費率年初来
リターン
5年平均
リターン
6ヶ月
資金流入
GLDSPDR$78.0B2,390M0.40%25.5%10.5%17.2 B
IAUiShares$31.9B486M0.25%25.8%10.7%7.6 B
GLDMSPDR$3.7B50M0.18%25.8%1.7 B
SGOLAberdeen$2.7B58M0.17%25.7%10.6%0.9 B
※2020年10月8日更新

「GLD」「IAU」「GLDM」の基本的な違い

「GLD」は、短期投資家向け
購入単価が大きく(金価格の1/10程度)トレードする際の1株あたりの取引手数料率が低くなり、高い流動性で指値注文も成立しやすいため、短期取引に適しています。

一方「GLDM」は、長期投資家向け
購入単価が「GLD」の1/10程度(金価格の1/100程度)で、個人投資家でも少額で購入しやすく経費率が低いので長期積立に適しています。

「IAU」も購入単価は「GLDM」と同程度で、流動性もあり経費率も低めなので中期的と言えるかもしれません。

短期/長期特徴GLDIAUGLDMSGOL
短期取引購入単価が高い
売買手数料”率”が低い
×××
短期取引流動性が高い
指値で売買成立しやすい
長期積立購入単価が低い
少額で購入しやすい
×
長期積立経費率が低い
長期保有しやすい
×

GLD|SPDR Gold Trust

シンボルブランド純資産
総額
平均
出来高
経費率年初来
リターン
5年平均
リターン
6ヶ月
資金流入
GLDSPDR$78.0B2,390M0.40%25.5%10.5%17.2 B
※2020年10月8日更新

「GLD」は、全米のETF(約2,300本)の中で純資産総額で7位の人気商品です。

金現物の裏付けがあり、現時点での残高は1,160トン。これは世界の金ETFの約1/3に相当します。安心感はありますが、他のETFと比較し経費率が高く、長期的にリターンが劣るのがネックです。

IAU|iShares Gold Trust

シンボルブランド純資産
総額
平均
出来高
経費率年初来
リターン
5年平均
リターン
6ヶ月
資金流入
IAUiShares$31.9B486M0.25%25.8%10.7%7.6 B
※2020年10月8日更新

「IAU」は「GLD」に次ぐ、2番手の金ETFです。「GLD」と比較し経費率が約4割ほど安く抑えられており、流動性もそれなりに確保されています。僅差ではありますが、直近5年のリターンが最も高いです。

GLDM|SPDR Gold MiniShares Trust

シンボルブランド純資産
総額
平均
出来高
経費率年初来
リターン
5年平均
リターン
6ヶ月
資金流入
GLDMSPDR$3.7B50M0.18%25.8%1.7 B
※2020年10月8日更新

「GLDM」は「GLD」と同じシリーズの弟分的存在

「IAU」とのコスト競争で2018年に登場した、小口化&低コスト化された新商品で、経費率は0.18%と「GLD」から65%OFFの圧倒的にコストが削減されています。

2018年設立したばかりなので、純資産総額は「GLD」の約5%ほどで、平均出来高がかなり低く、短期取引には向かないです。

SGOL|Aberdeen Standard Physical Gold Shares ETF

シンボルブランド純資産
総額
平均
出来高
経費率年初来
リターン
5年平均
リターン
6ヶ月
資金流入
SGOLAberdeen$2.7B58M0.17%25.7%10.6%0.9 B
※2020年10月8日更新

「SGOL」は、経費率0.17%と4商品の中で最安です。

もともとは「GLD」より0.01%低い0.39%に設定されていましたが「GLDM」の登場に合わせてまたも0.01%低い経費率に値下げをしたものの、残念ながら逆転には至れていないようです。

金ETFの購入方法

米国で人気の金ETF4本を比較【GLD/IAU/GLDM/SGOL】

ご紹介した4つの金ETFのうち3つは国内の大手証券会社でも取り扱いがあるようです。

シンボルFirstrade楽天証券SBI証券マネックス
証券
DMM 株
GLD
IAU
GLDM
SGOL
ETF取扱数2200以上約300約300350以上88
※2020年6月22日時点での情報です。

楽天証券では「GLDM」が「買付手数料無料 海外ETF」の対象に含まれております。
※ただし、売却には手数料がかかります。

米国Firstrade証券、DMM 株では、売買手数料ともに無料ですが、国内在住の方は、送金手数料や確定申告の手間を考慮し「DMM 株」での購入がオススメです。

もし「SGOL」を購入したい!という場合は、売買手数料無料のFirstrade証券の口座開設をしてみて下さい。「SGOL」を含む、全ての米国ETF(約2,300銘柄)が購入可能になります。

ただし、米国の証券会社では、特定口座やNISA口座等に対応していないため、配当金や売買益に対して、日本国内で確定申告が必要となりますのでご留意ください。

まとめ

以上「米国で人気の金ETF4本」を比較してみました。

ちなみに私は長期積立が目的なので、売買手数料無料のFirstrade証券にて「GLDM」をコツコツ少額で積立ることにしました。

ではまた!

金鉱株ETF【GDX/GDXJ/RING/SGDM】

金上昇にミドルリスク・ミドルリターンを求めるなら、金鉱株投資もおすすめです!

貴金属ETF(銀・プラチナ・パラジウム)【SLV/SIVR/PPLT/PALL/GLTR】

他にも魅力的な「米国ETF」を比較しています!

タイトルとURLをコピーしました