▶ビットコイン自動積立プログラム「note」で販売中!

【保存版】海外旅行の持ち物リスト|家族4人×1ヶ月分|我が家のチェックリストExcel付き

【実録】海外旅行の持ち物 チェックリスト|家族4人×1ヶ月分便利グッズ

こんにちは。ノマド家族のぱぱぞん(@nomadkazoku)です。

現在、私達家族は2023年の海外移住を目指し、準備を進めています。

今年は夏休みを利用して、マレーシア&フィリピンに約1ヶ月間滞在しました。
旅の出発時の荷物が我が家のインスタグラムで確認できます。

ご覧の通り荷物は、以下の4つだけ。

  1. スーツケース①(機内持ち込み用)
  2. スーツケース②(機内持ち込み用)
  3. 黒のリュックサック
  4. グレーの手提げバッグ

これ以外の預け入れの荷物もなしです。

黒いバッグには”カメラ&パソコン”などの機材関連、グレーのバッグは飛行機グッズが入っているので、旅の荷物は機内用スーツケース×2つに収まっています。

ママ
ママ

旅行の荷物は最小&最軽量が正義!

小さくてかわいい我が家のスーツケースは、子どもたちにも人気で喜んで運んでくれることも親としてはありがたかったりします。

今回の記事では、ママゾンの理念に基づき、この奇跡的にコンパクトな海外旅行の持ち物の中身を確認し、チェックリストにまとめてみます。

海外旅行の持ち物リスト[ Excel / PDF ]

今回使用した「スーツケース」に入れた持ち物を7カテゴリにまとめてチェックシートにしました。

A41枚ににまとめましたので、ご自身の荷物のチェックにぜひご活用くださいませ。

|ダウンロードする
DownLoad [エクセル形式]
DownLoad [PDF形式]

それではそれぞれを細かく見ていきましょう!

貴重品

貴重品は、海外旅行になくてはならない最も重要な持ち物です。
厳密には、スーツケースではなく、後述する“セキュリティーポーチ”に入れておきます。

品名備考オススメ
1パスポート有効期限6ヶ月以上推奨
※期限1年未満で更新可
2クレジット
カード
予備も含めて2〜3枚
※VISAタッチ付き推奨
海外旅行保険付き
エポスカード
3現金
-日本円
5万円程度
※一時的にATMが使えない時の予備
4現金
-現地通貨
渡航先の初日分くらいの
現地通貨があると安心
[関連記事]
外貨宅配
5ワクチン
接種証明
英文書類 / 接種証明アプリ[関連記事]
MySOS
6控え書類航空券 / ホテル予約
海外旅行保険証 などの印刷物
7旅行計画表スケジュール / 予算管理[関連記事]
旅行計画表

衣類

衣類は、持ち物の中でも最もかさばる容量の大きいアイテム。
洗濯を前提にしつつ、兼用できるものを活用して、最小限に抑えましょう!

品名備考オススメ
1外着人数×2日
※+着ていく服
2パジャマ室内着
外着の予備を兼ねる
3上着/ぼうし暑さ/寒さの温度調整に
必要そうな衣類
4衣類圧縮袋家族1日分1袋目安
外着2袋+パジャマ1袋
衣類圧縮袋
(10枚入)
5セキュリティ
ポーチ
スキミング防止
機能付き推奨
LiberFlyer
6収納型
リュック
現地観光用
折たたみ推奨
ポケッタブル
リュック
7サンダルホテル室内/水遊び兼用
ママゾンの知恵袋

上着 ≒ ラッシュガード

暑い地域に行く時に一番かさばる上着は、プール用のラッシュガードを兼用すれば、長そでの衣類を削減することができますよ!飛行機内やや少し肌寒い日など、ちょっとした温度調整に使うだけなので、なるべく兼用しましょう!

ママゾンの知恵袋

サンダル ≒ 室内履き

こちらもかさばりがちなプールのサンダル。海外のホテルや民泊は水回りがイマイチのこともあるので、、、濡れても大丈夫なしっかりとしたサンダルがあったほうが安心です!

家電系

家電系は、小柄ながらとにかく重い最重量級のアイテム。
ですが、旅のスムーズな遂行や快適なエンタメにも欠かせない大事な持ち物です。

品名備考オススメ
1スマホ予備と2台持ちが安心
型落ち中古購入も要検討
中古スマホ通販
【ハピネスネット】
2海外SIM海外でも必須のデータ通信
海外SIMなら重量ほぼ “0”
[関連記事]
SIM2Fly
3デジタル
カメラ
写真はSDカードに保存して
スマホの空き容量を確保
360度カメラ
Insta360 ONE X2
4電源変換
プラグ
充電ができなきゃ家電全滅
どうせ買うなら全世界対応
世界対応
プラグ4種セット
5タブレット
ノートPC
エンタメ/お仕事用
個人のお好みで判断
3ヶ月読み放題付き
Amazon Kindle
6変圧器グローバル製品なら不要
電源タップ代の代用として◎
変圧変換-1台5役
ベステック
7海外WiFi海外SIMの設定が不安な方
初心者でも扱いがラクちん
海外インターネット
グローバルWiFi
ぱぱぞんのしくじり…

スマホは2台持ちが吉

旅の途中でiPhoneが完全に故障し、使う予定だった様々なアプリが利用できなくなってしまいました。

中でも海外旅行で最重要な「ワクチン証明アプリ」が使えないのはキツイ…。不幸中の幸い、接種証明の「QRコード」だけクラウドにアップされており事なきを得ました。

また、子供の暇つぶし用にiPhoneSE(初代)があったので、SIMを入れ変えてママとの連絡手段も確保。

特に一人旅をされる方は、中古でも良いので2台目のスマホを検討しておきましょう!中古スマホ通販 → イオシス

日用品

日用品は現地調達もできる!んだけど、やっぱり“ジャパンクオリティー”を使いたい!
少なくとも現地の生活になれるまでの1週間分は確保しておくのが吉です。

品名備考オススメ
1ウェット
ティッシュ
30枚入×5個
※不足は現地購入
2ポケット
ティッシュ
5個程度
※不足は現地購入
3トイレット
ペーパー
1個あればOK
※基本は現地購入
4袋 / 輪ゴムゴミ用ビニール袋
ジップロック / 輪ゴム
5折たたみ傘2本
※子供用にカッパも
6タオル手拭き用 4枚
バスタオル 人数×0.5枚
7洗濯干し
セット
ロープ / 洗濯ハサミ
洗剤 / 洗濯物入れ袋
旅行用洗濯ひも
ちょい干し君
ぱぱぞん
ぱぱぞん

トイレットペーパーって必要?

マレーシアはイスラムの国だからお尻を水で洗う人が多いの
だからトイレットペーパーじゃなくてホースがあるのよ
って思ったら、キリスト教のフィリピンに紙がもなかった…

健康グッズ

海外で怪我や病気をした時に現地の病院に行くのは正直キツイ…。
まずは安全第一予防を徹底!それでも起こってしまったら自力の応急処置で様子見したい。

品名備考オススメ
1マスク人数×日数分×1.5枚程度
※長期なら現地で追加購入
2携帯除菌
ハンドジェル
外出先でも消毒できる
携帯タイプのジェル
3医薬品家族の常備薬
風邪薬 / 解熱剤
4応急処置絆創膏 / ガーゼ
消毒液
5虫対策虫除け / かゆみ止め
6体温計※急病用
7パルス
オキシメータ
※コロナ対策東京都採用
RABLISS

美容関連

荷物量の個人差が大きい美容関連。
あなたのこだわりに応じて、使いたいものを持っていきましょう!

品名備考オススメ
1お風呂
グッズ
洗顔 / メイク落とし
シャンプー / 石けん
2身だしなみ
グッズ
髪ゴム / ヘアバンド
ヘアピン / くし
3衛生グッズ綿棒 / 爪切り / 毛抜
4歯みがき
グッズ
歯ブラシ / 歯磨き粉
歯間ブラシ
5コンタクト
レンズ
日数分 / 予備メガネ
ママゾンの知恵袋

液体は小さめボトル

飛行機内には基本的に液体の持ち込みは禁止されています。我が家でも旅行中に買い足した通常サイズのシャンプーは没収されてしまいました…。100均で買った旅行用の小さめのボトルでスーツケースに入れておけば、たぶん大丈夫なはず。

その他

必須ではないけれど、あると便利なもの、旅が快適になるものを追加で5つほどご紹介。

品名備考オススメ
1日本食梅干し / お吸い物
ブラックコーヒー
2簡易食器わりばし / スプーン
携帯コップ
3飛行機
グッズ
ひざ掛け / アイマスク
耳栓 / ネックピロー
4筆記用具ボールペン / メモ帳
5エコバッグ海外のお買いのもでも
マイバックが推奨

おすすめスーツケース【番外編】

ご紹介した荷物を詰め込んだ我が家の「機内持ち込み用のスーツケース」のご紹介。
飛行機トラベル用に購入したのはトラベルハウスの【機内持ち込みSSサイズ】です

【機内持ち込みSSサイズ】
外寸 縦52.5×横34.5×奥行22.5cm
内寸 縦47×横33.5×奥行20cm
重さ 2.65kg
容量 約31.4リットル

コロナ直前の購入だったので、余り使う機会はありませんでしたが、とても使いやすく気に入っています。

関連動画:【パッキング】海外旅行4泊分を機内持込み!?

コロナ前のマレーシア視察の際のパッキングの様子。4人分×4泊分の荷物が入ったスーツケースの中身が大公開されています!

とはいえ、今見ると直したいところもあるみたいなので、チャンスが有ればアップデートしたいと思います。

まとめ 一番困ったのはスマホの故障

今回の記事では、奇跡的にコンパクトな海外旅行の持ち物の中身をチェックリストにまとめました。

1ヶ月もの長旅なので、トラブルは多々発生するだろうと心構えていましたが、このタイミングでのスマホの死亡は想定外でした…。運良く予備のスマホがあったのですが、肝心のバックアップを家のデスクトップにとっていたため、旅の進行はかなり苦戦を強いられました。。。

いざという時にサクッと乗り換えられる”捨ての予備スマホ”を確保することは、海外旅行ではかなり強力な生命線になるなと実感しました。

今回の反省を活かし、次回の旅ではスマホの布陣も固めておきたいと思います。

ではまた!

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました