TransferWise

TransferWiseTransferWise

格安海外送金サービス「TransferWise(トランスファーワイズ)」の口座開設、使い方(送金方法)、手数料などに関する記事をまとめました。

TransferWise

2020|トランスファーワイズ「マルチカレンシー口座」の使い方

前回の記事で「トランスファーワイズのマルチカレンシー口座」についてご紹介させて頂きましたが、今回、実際の使い方を少額チャージで試してみました。
TransferWise

日本提供開始!トランスファーワイズのマルチカレンシー口座

日本未対応のはずのトランスファーワイズの「マルチカレンシー口座」が、しれっと使えるようになっていました。マルチカレンシーは「多通貨」という意味で、特にヨーロッパ居住者の間で重宝されているそうです。今回は、謎が多き「マルチカレンシー口座」の詳細をご紹介します。
TransferWise

図解|中学生でも分かるトランスファーワイズの仕組み【交換こ】

トランスファーワイズの仕組みは単純で、世界各国に「貯金箱」を用意し、各国の「貯金箱」のお金を"交換こ"する事で、海外送金をせずに海外でお金を受け取る事ができます。1社の作業で完結しますし、ムダな手数料はかかりません。
TransferWise

2020|海外送金におすすめのアプリ【手数料安い順ランキング】

毎月2回ほど「トランスファーワイズ」で海外送金をしている愛用者ですが、念の為、他にもっと安い海外送金アプリがないか、App Storeで「海外送金」と検索し、片っ端から海外送金シュミレーションをしてみました。
TransferWise

海外送金にかかる日数は?銀行各社まとめ【最短希望】

銀行による海外送金は、最短3つの銀行を経由する必要があり、1週間程度の日数が必要ですが、僕の場合「トランスファーワイズ」を利用し、米国銀行まで平均18時間程度、遅くとも1.5営業日程度で着金しています。公式サイトによると他の国についても、ほぼ同じくらいの日数で送金可能のようです。
TransferWise

海外送金の1回の限度額は?銀行各社の上限まとめ【法律の上限は無し】

日本国内から海外への送金について、1998年の外為法改正により、企業や個人は自由に行うことができるようになりました。しかしながら、不正な海外送金を防ぐため、海外送金サービス各社は自主的に上限額を設けています。今回の記事では、銀行各社の海外送金限度額について、紹介したいと思います。
TransferWise

海外送金が安いトランスファーワイズの安さのヒミツ【誕生秘話】

海外送金にはトランスファーワイズを利用しているのですが、実は、送金手数料は他社と比べて高いんです!今回の記事では手数料は高いけど、一番オトクなトランスファーワイズのヒミツを深堀りしてみたいと思います。
MM2Hビザ

2020|海外送金 手数料比較|マレーシアリンギット編 【BEST10】

現在、私達家族はマレーシア移住を目指し、MM2Hビザの取得を進めており、本申請ではマレーシアに30万リンギットを海外送金する必要があります。マレーシアリンギット送金に対応した10社を資金移動者のリストからピックアップし、送金手数料を比較してみました。
TransferWise

【海外送金】TransferWise(トランスファーワイズ)の使い方のコツ

トランスファーワイズは、設定済みの送金先であれば、スマホを使って5分で送金できちゃうほど海外送金がカンタンです!この記事では、トランスファーワイズの基本的な使い方と「手数料を安くするコツ」「送金日数を短くするコツ」などをご紹介したいと思います。
TransferWise

スマホでも簡単!|TransferWise(トランスファーワイズ)の口座開設方法【開設は無料】

海外移住では必須の海外送金ツール「トランスファーワイズ(TransferWise)」のメチャかんたんな使い方&口座開設方法をご紹介します。必要書類をそろえておけば、10分程でサクッと口座開設できちゃいますよ!
タイトルとURLをコピーしました