ロシアETF比較【RSX/ERUS/FLRU/RSXJ】おすすめ米国ETF

米国で人気のロシアETF4本を比較【RSX/ERUS/FLRU/RSXJ】 米国ETF

こんにちは。ノマド家族のぱぱぞん(@nomadkazoku)です。

前回の「インド・ブラジル関連ETF」に引き続き、今回は「ロシア関連ETF」を比較してみたいと思います。

現在、ブラジル・インド・ロシアといった中国以外のBRICs勢が感染者数の上位を占めており、株価もコロナ前の最高値に回復できていない状況です。

ロシア主要60銘柄前後で構成されるRTS指数のチャートは、2016年1月から約4年で110%の成長をし、コロナショックで急落しました。

2020年7月時点で最高値から約26%ほど下落中です。

ロシアは、国家予算の約35%が石油に依存している石油大国のため、石油関連株の比率も高く、コロナ感染者数だけでなく原油価格の下落による影響も避けられません。

そこで、この記事では長期積立用の「ロシア関連ETF」をお探しのあなたに、米国で人気(純資産総額)の高い4本をご紹介したいと思います。

あなたに最適な「ロシア関連ETF」が見つかれば、これ幸いです。

※本記事は2020年7月時点での情報です。

米国で人気のロシアETF4本を比較

まずは各ETFの主要スペックをざっくり比較してみます。

シンボル純資産
総額
平均
出来高
銘柄数経費率分配金
利回り
1年平均
リターン
5年平均
リターン
RSX$984.9M$95.95M280.67%6.56%-6.07%8.04%
ERUS$442.3M$6.53M250.59%8.10%-8.08%9.22%
FLRU$12.8M$0.06K330.19%6.70%-11.18%-%
RSXJ$29.7M$0.06K280.77%5.18%-4.87%11.69%
※2020年7月時点

トップシェアの「RSX」は、金鉱株ETFの「GDX」を発行するVanEck発行のETF。中国・インド・ブラジルで、いずれもトップシェアだったiSharesシリーズの「ERUS」が2番手として、少し低めの経費率を設定しています。

「FLRU」は、格安経費率のFranklinシリーズ経費率を1/3程度に抑えていますが、直近1年のリターンは最悪で、平均出来高も恐ろしく低いです。

「RSXJ」は「RSX」の小型株セグメント版で、5年平均リターンで12%近い好成績を収めていますが、平均出来高が低いため取り扱い注意です。

それぞれ個別に見てみましょう!

RSX|VanEck Vectors Russia ETF

シンボル純資産
総額
平均
出来高
銘柄数経費率分配金
利回り
1年平均
リターン
5年平均
リターン
RSX$984.9M$95.95M280.67%6.56%-6.07%8.04%
※2020年7月時点

「RSX」は、純資産総額・平均出来高ともに、ロシア関連ではダントツ1位の人気ETFです。ロシアでも流動性の高い大型株及び収益性の高い大型株を時価総額加重で追跡する「MVIS Russia Index」を指標としており、上限8%の規定のもと、28銘柄で構成されています。

上限8%ルールがるため、他のETFと比較し、超大型株の割合が低めに抑えられていますが、上位10銘柄の構成比率が約59%と分散効果は低めです。

銘柄名保有比率
(%)
Gazprom PAO7.82
Sberbank Rossii PAO7.80
NK Lukoil PAO6.54
GMK Noril’skiy Nikel’ PAO5.86
Novatek PAO5.65
Yandex NV5.54
Polyus PAO5.14
Tatneft’ PAO5.09
Polymetal International PLC4.79
Magnit PAO4.60
41.16
※2020年7月時点

ERUS|iShares MSCI Russia ETF

シンボル純資産
総額
平均
出来高
銘柄数経費率分配金
利回り
1年平均
リターン
5年平均
リターン
ERUS$442.3M$6.53M250.59%8.10%-8.08%9.22%
※2020年7月時点

「ERUS」は、ロシア証券取引所に上場されている株式の時価総額の上位85%のパフォーマンスを測定するために設計された浮動株時価総額加重型指数「MSCI Russia 25/50 Index」と連動を目指すETFです。

※指標名にあるの”25/50″とは、構成比率の大きな銘柄を制限し、銘柄集中によるリスクを低減させる仕組みで、以下のようなルールに基づき構成されています。
・25%ルール:1銘柄の上限が25%まで
・50%ルール:5%超の銘柄の合計比率が50%まで

銘柄名保有比率
(%)
業種
GAZPROM16.11エネルギー
NK LUKOIL14.25エネルギー
SBERBANK ROSSII13.82金融
TATNEFT4.49エネルギー
POLYUS4.36素材
PAO NOVATEK GDR4.25エネルギー
MAGNIT PJSC SPONSORED RUSSIA RU DR3.75生活必需品
GMK NORILSKIY NIKEL3.72素材
X5 RETAIL GROUP GDR NV3.45生活必需品
POLYMETAL INTERNATIONAL PLC3.44素材
28.37

”25/50″縛りがあるものの、上位3銘柄だけで約44%、エネルギー関連上位5社で約53%を占められており、大きな偏りがあります。

保有銘柄数が少ないため、ETFの構成内容を比較するツール「Fund Overlap」を使って、親:RSX↔子:ERUSで重複率を調べてみました。

左が資金の重複率、右が業種別の差分です。親の比率が多い場合プラス、子が多い場合マイナスになります。

引用:Fund Overlap

資金の重複率はRSX側がADRを活用している事が原因でほぼ参考になりません。

業種の差分では「RSX」が上限8%ルールの効果でエネルギー集中の比率を10%ほど下げられています。

FLRU|Franklin FTSE Russia ETF

シンボル純資産
総額
平均
出来高
銘柄数経費率分配金
利回り
1年平均
リターン
5年平均
リターン
FLRU$12.8M$0.06K330.19%6.70%-11.18%-%
※2020年7月時点

「FLRU」は、2018年に低コストでおなじみFranklinシリーズのETFです。33銘柄で構成されていますが、上位10銘柄の比率は7割を超えています。

銘柄名保有比率
(%)
業種
SBERBANK OF RUSSIA PJSC16.23金融
GAZPROM PJSC15.80エネルギー
LUKOIL PJSC15.68エネルギー
NOVATEK PJSC4.36エネルギー
MMC NORILSK NICKEL PJSC3.99素材
TATNEFT PJSC3.59エネルギー
POLYUS PJSC3.14素材
ROSNEFT OIL CO PJSC2.80エネルギー
MAGNIT PJSC2.69生活必需品
MOSCOW EXCHANGE MICEX RTS PJ2.47金融
29.27
※2020年7月時点

こちらも「Fund Overlap」を使って、親:RSX↔子:FLRUで重複率を調べてみました。

引用:Fund Overlap

「ERUS」のときと同様、資金の重複率はRSX側がADRを活用している事が原因でほぼ参考になりません。

業種の差分も「ERUS」と比較した際と似ていますが、銘柄数が少し多い分「FLRU」の方が業種に若干の広がりがあるようです。

RSXJ|VanEck Vectors Russia Small-Cap ETF

シンボル純資産
総額
平均
出来高
銘柄数経費率分配金
利回り
1年平均
リターン
5年平均
リターン
RSXJ$29.7M$0.06K280.77%5.18%-4.87%11.69%
※2020年7月時点

「RSXJ」は「RSX」と同シリーズの小型株セグメント版です。

28銘柄で構成されており、上位10銘柄の比率は約59%とやはり高めです。

銘柄名保有比率
(%)
AFK Sistema PAO8.1
Moskovskiy Kreditnyi Bank PAO7.9
Detskiy Mir PAO6.8
Gruppa LSR PAO6.2
Aeroflot-Rossiyskiye Avialinii PAO6.1
Qiwi PLC5.4
Yunipro PAO5.3
Petropavlovsk PLC4.6
HeadHunter Group PLC4.3
Globaltrans Investment PLC4.2
41.1
※2020年7月時点

※業種付きのリストが見当たらなかったので、ETF全体のセグメントをつけときます。

引用:https://www.etf.com/

小型株への投資のため、業種の分散性は幅広く、エネルギー比率も少ないため、「RSX」と組み合わせには最適ですね。出来高が少ないことが悔やまれます。

ロシアETFの購入方法

ご紹介した4つのロシア関連ETFのうち、3つは楽天証券で取り扱いがあるようです。
iSharesの「ERUS」はSBI証券、マネックス証券でも購入可能です。

シンボルFirstrade楽天証券SBI証券マネックス
証券
DMM 株
RSX
ERUS
FLRU
RSXJ
ETF取扱数2,200以上約300約300約30088

「FLBR」を購入したい場合は、米国市場のETFが全て購入可能なFirstradeの口座開設をご検討ください。

ただし、米国の証券会社では、特定口座やNISA口座等に対応していないため、配当金や売買益に対して、日本国内で確定申告が必要となりますのでご留意ください。

比較の結果 ロシア小型株ETF「RSXJ」購入

以上「米国で人気のロシア関連ETF4本」を比較してみました。

現在僕は、ポートフォリオの5%ほど「ERUS」を組み込んでいるのですが、積立予算の一部を小型株補完のため「RSXJ」の購入も検討したいと思います。

ではまた!

他にも魅力的な「米国ETF」を比較しています!

タイトルとURLをコピーしました