非常に割安なエネルギー関連ETF比較【XLE/VDE/XOP/IXC】おすすめ米国ETF

非常に割安なエネルギー関連ETF比較【XLE/VDE/XOP/IXC】おすすめ米国ETF 米国ETF

こんにちは。ぱぱぞん(@nomadkazoku)です。

先日、バイデン大統領候補の勝利宣言で絶好調のクリーンエネルギー関連ETFをまとめました。

一方、今年最もパフォーマンスが悪いとされていたエネルギー業界ですが、11月9日のファイザー製ワクチンの臨床試験結果を受け、急回復を見せています。

そこで、いまだ非常に割安な「エネルギー株」への投資を検討すべく、上位4本のエネルギー株関連ETFをピックアップし、紹介したいと思います。

※本記事は2020年11月時点での情報です。

米国で人気のエネルギー関連ETF4本を比較

まずは4つのエネルギー関連ETFの主要スペックをざっくり比較してみましょう。

Ticker純資産
総額
平均
出来高
銘柄数経費率分配金
利回り
年初来
リターン
5年平均
リターン
直近6カ月
資金流入
XLE8,800M888M270.13%13.52%-48.1%-12.17%1,320M
VDE2,390M37M1180.10%6.69%-48.9%-13.48%39M
XOP1,650M314M430.35%3.51%-54.6%-22.12%-309M
IXC692M14M600.46%11.70%-46.3%-9.37%99M
※2020年11月時点

リターンは軒並み50%ダウンの惨状ながら、最大規模の「XLE」は直近半年で1.3Bもの資金流入があり、大きな需要があります。しかし、その他のETFはに関しては流動性は低く、投資家たちの関心はまだまだ低そうです。

以下、各ETFが保有する上位10銘柄です。

※最新情報は”銘柄名”のリンクから「米Yahooファイナンス」にてご確認下さい。

XLEVDEXOPIXC
TickerWeightTickerWeightTickerWeightTickerWeight
1CVX23.6XOM21.9EQT4.23XOM12.2
2XOM22.4CVX20.9PE4.21CVX11.9
3COP4.41COP4.59DVN3.90FP7.40
4SLB4.40KMI3.90COG3.82BP.4.78
5PSX4.33WMB3.70MPC3.70RDSA4.77
6KMI4.16PSX3.54CXO3.59ENB4.61
7MPC4.12EOG3.24CVX3.50RDSB4.15
8WMB4.08SLB3.18OXY3.50TRP3.02
9EOG4.08MPC2.99MRO3.47COP2.79
10VLO3.55VLO2.77XOM3.46NESTE2.04
20.929.262.642.3
※2020年11月時点

ピックアップ
いずれも4つのETF全ての上位10銘柄に含まれる「シェブロン(Ticker:CVX)」「エクソンモービル(Ticker:XOM)」は、世界最大規模の石油会社「スーパーメジャー」として、アメリカ経済を牽引してきました。しかし、石油需要の継続的拡大が難しい状況となった今は、総合エネルギー商社への転換で生き残りを図っており、今後の成長にも期待したいところです。

XLE|Energy Select Sector SPDR Fund

Ticker純資産
総額
平均
出来高
銘柄数経費率分配金
利回り
年初来
リターン
5年平均
リターン
直近6カ月
資金流入
XLE8,800M888M270.13%13.52%-48.1%-12.17%1,320M
※2020年11月時点

「XLE」は、S&P500連動最大規模のETF「SPY」を運用するSPDRブランドのETFで、エネルギー関連では最大規模のETFです。コロナ禍で株価が半減している中、順調に純資産総額を増やしています。

S&P500の米国エネルギー企業の時価総額加重指数を追跡しつつ、4半期ごとに単一証券が25%を上限にリバランスされます。加重指数のため上位2社だけで、保有比率約45%を占めており、リスクの分散性はという観点では今ひとつです。

保有銘柄27銘柄中上位10銘柄の構成比率は約79%となっています。

Ticker銘柄名比率
(%)
CVXChevron Corporation23.58
XOMExxon Mobil Corporation22.40
COPConocoPhillips4.41
SLBSchlumberger NV4.40
PSXPhillips 664.33
KMIKinder Morgan Inc Class P4.16
MPCMarathon Petroleum Corporation4.12
WMBWilliams Companies Inc.4.08
EOGEOG Resources Inc.4.08
VLOValero Energy Corporation3.55
20.88
※2020年11月時点

ピックアップ
保有比率8位の「ウィリアムズ(Ticker:WMB)」は、天然ガスを中心としたエネルギー会社で、S&P500にも含まれる優良企業です。8%を超える高い配当率が人気で、株価も一時は年初来-10%近くまで回復を見せています。

VDE|Vanguard Energy ETF

Ticker純資産
総額
平均
出来高
銘柄数経費率分配金
利回り
年初来
リターン
5年平均
リターン
直近6カ月
資金流入
VDE2,390M37M1180.10%6.69%-48.9%-13.48%39M
※2020年11月時点

「VDE」は「VOO」でお馴染みVanguard社が運用するETFです。エネルギー関連2番手のETFとして、経費率は最安銘柄数は「XLE」の約4倍と差別化を図っていますが、直近の資金の流れは今ひとつ奮っていなさそうです。

「XLE」がS&P500の企業を対象にしているのに対し「VDE」はMSCIが投資可能とみなす市場全体の”時価総額加重指数”を追跡するため、保有銘柄数が多めになっています。

保有銘柄118銘柄中上位10銘柄の構成比率が約71%と銘柄数自体は多いものの、上位2社だけで約43%と分散性の低さは否めません。。。

Ticker銘柄名比率
(%)
XOMExxon Mobil Corp21.93
CVXChevron Corp20.93
COPConocoPhillips4.59
KMIKinder Morgan Inc Class P3.90
WMBWilliams Companies Inc3.70
PSXPhillips 663.54
EOGEOG Resources Inc3.24
SLBSchlumberger Ltd3.18
MPCMarathon Petroleum Corp2.99
VLOValero Energy Corp2.77
29.23
※2020年11月時点

XLE v.s. VDE 重複率と比較

引用:Fund Overlap

重複率は81%とかなり高めなので、
「XLE」の流動性(短期投資) v.s. 「VDE」の経費率&分散性(長期投資)
という戦いになりますが、エネルギー株で長期投資は如何なものか・・・。

XOP|SPDR S&P Oil & Gas Exploration & Production ETF

Ticker純資産
総額
平均
出来高
銘柄数経費率分配金
利回り
年初来
リターン
5年平均
リターン
直近6カ月
資金流入
XOP1,650M314M430.35%3.51%-54.6%-22.12%-309M
※2020年11月時点

「XOP」は「XLE」と同じくSPDRブランドのETFです。利回りやリターンなどの成績も低く資金も大きく流出しています。。。

「XLE」が”時価総額加重指数”を追跡するのに対し「XOP」は”均等加重指数”を追跡します。そのため1企業あたりの重みは分散され、中小規模の企業の割合が高めとなり、高いリスクを伴います。

保有銘柄43銘柄中上位10銘柄の割合が約38%となっています。

Ticker銘柄名比率
(%)
EQTEQT Corp4.23
PEParsley Energy Inc A4.21
DVNDevon Energy Corp3.90
COGCabot Oil & Gas Corp Class A3.82
MPCMarathon Petroleum Corp3.70
CXOConcho Resources Inc3.59
CVXChevron Corp3.50
OXYOccidental Petroleum Corp3.50
MROMarathon Oil Corp3.47
XOMExxon Mobil Corp3.46
62.62
※2020年11月時点

ピックアップ
保有比率1位の「EQT Corporation(Ticker:EQT)」は、130年の歴史を持つ米国最大の天然ガス生産企業です。コロナによる売上の減少を見越してコストを削減するも、販売への影響は想定よりも小さく、年初来最大で+70%ほどまで回復を見せました。

XLE v.s. XOP 重複率と比較

引用:Fund Overlap

IXC|iShares Global Energy ETF

Ticker純資産
総額
平均
出来高
銘柄数経費率分配金
利回り
年初来
リターン
5年平均
リターン
直近6カ月
資金流入
IXC692M14M600.46%11.70%-46.3%-9.37%99M
※2020年11月時点

「IXC」は、iSharesブランドでおなじみBlackrockが運用するETFです。名前の通り”Global”に投資する事目指し、60の保有銘柄の内、米国比率は約50%と世界のエネルギー企業の時価総額加重指数を追跡するように設定されており、地理的な分散性が確保されています。

経費率は高いものの、僅差ですが運用成績は最も好成績です。

保有銘柄60銘柄中上位10銘柄の割合が約58%となっています。

Ticker銘柄名比率
(%)
地域
XOMEXXON MOBIL CORP12.2United States
CVXCHEVRON CORP11.9United States
FPTOTAL7.40France
BP.BP PLC4.78United Kingdom
RDSAROYAL DUTCH SHELL PLC4.77United Kingdom
ENBENBRIDGE INC4.61Canada
RDSBROYAL DUTCH SHELL PLC CLASS B4.15United Kingdom
TRPTC ENERGY CORP3.02Canada
COPCONOCOPHILLIPS2.79United States
NESTENESTE2.04Finland
42.3
※2020年11月時点

ピックアップ
保有比率第10位の「ネステ(Ticker:NESTE)」は、フィンランドが本拠地の世界10カ国以上に生産拠点を持つグローバルエネルギー企業です。石油や天然ガス以外にも再生可能エネルギー事業やバイオ燃料事業も手掛け、年初来+70%成長の新旧ハイブリットなエネルギー企業です。

XLE v.s. IXC 重複率と比較

引用:Fund Overlap

エネルギー関連ETFの購入方法

ご紹介した4つのクリーンエネルギーETFのうち「XOP」以外は国内証券会社での取り扱いがあるようです。

シンボルFirstrade楽天証券SBI証券マネックス
証券
DMM 株
XLE
VDE
XOP
IXC
ETF取扱数2,200以上約300約300350以上88

その他のETFを購入したい場合は、米国市場のETFが全て購入可能なFirstrade証券の口座開設をご検討ください。

ただし、米国の証券会社では、特定口座やNISA口座等に対応していないため、配当金や売買益に対して、日本国内で確定申告が必要となりますのでご留意ください。

比較の結果 エネルギー関連ETF「IXC」購入

以上「米国で人気のエネルギー関連ETF4本」を比較してみました。

・世界60企業に分散
・長期的な成長率

以上の2点から「IXC」を購入することにしました。長期的な保有ではなく絶賛バーゲン中の今のうちに購入しておき、ある程度エネルギーの需要が回復するまでの数年程度保有したいと思います。

ではまた!

ESG投資とは?米国ETF比較【ESGU/ESGE/ESGD/SUSL/SUSA】

他にも魅力的な「米国ETF」を比較しています!

タイトルとURLをコピーしました