▶ビットコイン自動積立プログラム「note」で販売中!

ユニオンバンク(海外銀行)口座凍結を回避する定期送金の仕組みを作る【Revolut】

ユニオンバンク(海外口座)凍結を回避する定期送金の仕組みを作った【Revolut】海外送金

こんにちは。ノマド家族のぱぱぞん(@nomadkazoku)です。

現在我が家は、マレーシア移住を目指し、S-MM2Hビザの取得をすすめています。

海外居住者となってしまうと、日本の銀行や証券会社が利用できなくなると知り、居住国によらず無料(条件付き)で口座維持ができるアメリカの銀行口座(ユニオンバンク)と証券口座(Firstrade証券)を口座開設しました。

関連記事
>> 日本にいながらアメリカに銀行口座開設は不可能?たった1つの抜け道
>> 米国ネット証券会社「Firstrade」口座開設方法【15分で完了】

海外の口座は、一定期間(ユニオンバンクは約12ヶ月らしい)使用されないと凍結されてしまうため、定期的に海外送金できる仕組みを探しておりました。

その結果、昨年日本に上陸した英国のチャレンジャーバンク「Revolut(レボリュート)」の「定期送金サービス」が最適だという結論に至りました。

今回の記事では、海外銀行口座凍結を防ぐための「Revolut」定期送金サービスをご紹介します。

※2021年2月時点の状況に基づいた仕組みのため、永久に安全を保証するものではございません事を予めご了承ください。

株式譲渡のため2022/11/22をもって、三菱UFJ経由での新規受付は停止されました。

2021年9月|三菱UFJがUSバンコープにユニオンバンク売却決定

2022年12月1日、三菱UFJはユニオンバンクの株式を譲渡し、日本での受付代理業務を終了しました。
既存顧客向けのサービスに関しては、現時点で変更の予定はなく、ユニオンバンク公式サイトでは日系コミュニティーとの強いつながりは一切変わりませんとのメッセージを発表しています。

詳しくは、公式発表をご確認下さい。>> 三菱UFJ |海外口座ご紹介サービスの一部商品のお取り扱いについて

ただし、日本からは、323-720-7554に電話すれば、新規口座開設の資料を取り寄せることができるそうです。※月~金/8時~17時(太平洋時間)連邦祝祭日を除く

ユニオンバンク(海外銀行)口座凍結を回避する定期送金の仕組みを作る

この仕組みはメチャシンプルです。

①Revolut(アプリ)の口座を開設【無料】
②Revolutに送金するお金を入金する【無料】
③Revolutで定期送金スケジュールを設定する【無料※】

口座開設には1週間ほどの審査期間が必要ですが、全体の作業自体は30分程度です。
年間の最低維持費は【月1回×1回2ドル】で24ドル(約2,520円)です。

もちろん送金されたお金は、ユニオンバンク口座の預金となるので、維持を目的とするだけでなく、外貨の定期積立としても使うことができます。

それでは、それぞれの手順を細かく見ていきましょう!

Revolut(アプリ)の口座を開設【無料】

Revolutの口座開設は、マイナンバーカード(or 通知カード)さえ用意すれば、10分程度の作業です。

ボクが開設した際(2020年の9月)は、1週間ほどで口座開設の通知無料のデビットカードが届きました。Revolutの特徴や詳細については、こちらの記事でご確認ください。

Revolutに送金するお金を入金する【無料】

Revolutの入金(チャージ)は、銀行振込、デビットカード、クレジットカードの3つの方法に対応しています。

入金方法デビットカード
でのお買い物
海外送金
海外ATM引落
クレジットカード×
デビットカード
銀行振込

ただし、クレジットカードから入金(チャージ)した場合は、海外送金には利用できません
海外送金用のお金は、必ず「銀行振込 or デビットカード」で入金してください。

入金する金額は、ご自身の方針に合わせて、設定してください。

口座の維持さえできれば良い

自動化したい年数 × 年間3,000円(年間24ドルに為替変動を考慮)を振り込んでおけばOK!

外貨積立として利用したい

Revolut内のお金には金利がつかないため、一括で振り込みは資金効率が悪くなります。
別途、銀行側の定額振込サービスなどの併用も検討してみてください。

Revolutで送金スケジュールを設定する【無料※】

Revolutの海外送金手数料は、

無料会員平日限定月75万円まで無料です!
有料会員|上限なし無料 (※月額980円)

定期送金の設定方法は、以下の通りです。

参考|送金理由(事実に近いものを選びましょう! 口座維持の場合は「送金」かな…)
Advertising 広告 / Advisor fees 顧問料 / Business insurance 事業保険 / Construction 建築費 / Delivery 配送 / Donations 寄付 / Education 教育 / Family 家族 / Fund investment ファンド投資 / Goods from overseas 海外商品 / Homesend ホームセンド / Hotel 宿泊 / Insurance claims 保険金請求 / Insurance premium 保険料 / Medical 医療 / Office 事務費 / Other fees その他手数料 / Property purchase 不動産購入 / Property rental 不動産賃貸 / Royalties ロイヤルティ支払 / Services サービス / Share investment 株式投資 / Tax 税金 / Transfer 送金 / Transportation 交通 / Travel 旅費 / Utilities 光熱費

以上で、定期送金の設定は完了です。

自動送金の落とし穴
Revolutの無料会員は、休日の両替に0.5%の手数料が必要です。
毎月の送金を行う場合、設定した日付が土日祝日の場合、自動的に手数料が発生してしまいます。2ドルの送金であれば1円程度ですが、まとまった金額を自動送金設定する場合はご注意ください!

結論 自動送金はあくまで時間稼ぎ

以上、本日は海外銀行口座凍結を防ぐための「Revolut」定期送金サービスをご紹介しました。

新しいサービスは朝令暮改で仕様が変わるので、完全に放置はできませんが、最小限の手間で時間を稼ぐ手段としては悪くないと思います。

日常的に海外送金を利用しない方は、定期送金の設定をしておいたほうが良いかと思います。
ではまた!

関連|Revolutで金を買う方法

タイトルとURLをコピーしました